斎藤一人

8対2の法則(2007浜松講演4)

更新日:


※浜松講演2007:フルバージョンはこちら
⇒ https://aokikenji.com/hamamatsu-kouen2007
 
【文字起こし】
え~、魂的な話ね、スピリチュアル系の話をすると、不思議大好きな人が来るんです。
で、不思議って言う字、頭の中で想像してね。
不思議(ふ・し・ぎ)って言うのは思っても議論してもいけませんよ。
「不」って、いけないよ、って。
思っても議論してもいけないよ、って、不思議って、いう字なの。
そこで8:2の話なんだけど、不思議なことにハマリ過ぎちゃう人がいるんです。
2割ならいいんです。
2割は楽しいです。
8割は今の現実ね、今、目の前にいる人に愛のある言葉をしゃべろうとか、今、行っている会社からちゃんとお給料をもらってないと生きていけないんだよ。
今の生活とか今の人生をしっかり生きて2割不思議なことが好きならいいの。
みなさんが崖から下のぞくとき、崖から8割出ちゃったら落ちますよ。
時々、落ちてる人いますけど、やっぱし下がって顔ちょっと出して覗くでしょ。
それと同じにしないとね。

それはそれでもう、たとえば人生でね、誰かが相談に来たときも、この世だけじゃないんだよ、前世もあるし来世もあるよとか、人から『ありがとう』と言われるために生まれてきたから、そうやって生きると、神さまとか周りの人からとかすごく援助があるよとか、そういう深みのある話は楽しいの。
でも、そればっかしなっちゃてる人、いるんですよ。
も、8割なっちゃって、もう落っこちて、落っこちながらも言っている人いますから。
え~、だから、ちゃんとしたことを押さえててください。
2割はいいです。
不思議なことって楽しいです。
だから、思ってもいけない、議論してもいけないっていうけど、人生しっかりやってれば、私は2割くらいはいいもんじゃないかな。
それで魂が向上するなら、いいんじゃないかなと思ってます。
簡単な話ですみません。
8:2の話でした。
今日来てる人はね、みんなしっかりした感じでね、これお世辞抜きでいいんですけど。
あんまり、不思議に偏ってる人っていうのは、目がいっちゃってるんです。
いやぁ、不思議って楽しいけどさ。
競輪でも競馬でもパチンコでも楽しいけど、のめり込んで自分の人生だめにしちゃしょうがないよね。
やっぱり、しっかりやってて、たまにパチンコ行くのもいいよ。
自分のお小遣いだからなにやってもいいけどね、借金するほどやっちゃったらもう、崖から出っちゃってるのと同じだもんね。
2007年04月14日 アクトシティ浜松講演より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-斎藤一人
-,

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2022 All Rights Reserved.