斎藤一人

ありがとうは、ある日通じなくなる(2007浜松講演2)

更新日:


※浜松講演2007:フルバージョンはこちら
⇒ https://aokikenji.com/hamamatsu-kouen2007
 
【文字起こし】
「ありがとう」っていうとすごくいいの、知ってますよね。
はい、知ってる人……
こんなにいっぱいいて、うれしいですね。
「ありがとう」っていうといいことあるよ、って。
ある日、いいことなくなります。
それはどういうことですか、っていうと。
世間も、神様も、人にいいことしてもらったら、「ありがとう」っていいますよね?
それを言えなかったような人が「ありがとう」って言うようになったら、周りも喜ぶし、神様も喜ぶよね。
だからいい事ありますよね。
だけど、寝てた子供がハイハイしたら、親喜びますよね。
あッ、ハイハイした、って。
でも30過ぎてハイハイしてたら……
これは親が喜ぶんだろうか……

いいですか。
「ありがとう」っていうの、当たり前なんです。
人になにかされたら、お水持ってきてもらったりしたら、「ありがとう」って言うの当たり前なんです。
「ありがとう」って言うのは、マラソンでいうと、スタートラインに立ったようなもんなの。
で、これからだよね。
これから、「ありがとう」って言われる人生になんなくっちゃね。
それがゴールじゃない。
それなのに、ほとんどの人が「ありがとう」って言えばいいんだ、って。
もう、スタートラインで休んでたり、寝ちゃったりしてる人とかいるけど、それはきっとダメかもわからないね。
人生とは、「ありがとう」って言われる生き方をすることなの。
言えるようになることじゃ、ないの。
それ、言えないより言ったほうがいいですよ。
でも、ほんとは人からね、「ありがとう」って言われる生き方なんです。
だからね、さっきのね、映写機のはなしじゃないけれど、人に「ありがとう」って言われる生き方しようって、フィルムを入れると、いろんなチャンスが来るんです。
で、あの世にいたとき、これから地球というとこへ行ってきます、日本というとこへ行ってきます、神様と約束することがあります。
そこで、「ありがとう」って言われる人生を送ってきます。
だから、「ありがとう」って言われるにはどうしたらいいかな、って。
お蕎麦屋さんで、誰かお蕎麦もってきたら、「ありがとう」ってこっちもいうけど、通りづらそうだったら、ちょっと椅子ずらしてあげるとかね。
細かい事でいいんです。
「ありがとう」って言われる生き方しよう。
そう思いながら生きれば、それだけでうまく行くんです。
「ありがとう」って言われる人生送るんだって、フィルムかちゃっと入れるんです。
私、ちっちゃいときから、親がこうだったのとか、どうだったのとか、隣のおばさんがどうったのとか、そのフィルム、外してください。
もう、それ、散々聞いてんだから、なんにもならない。
それより、今から、人に「ありがとう」って言われる生き方するんだっていうフィルム、カチンと入れてください。
それを傷つくことのない、魂の光で映し出してください。
そしたら、それだけで幸せになれます。
幸せじゃない人、なぜ幸せじゃないか、ずーっと言ってます。
でも、その中に、でも私は人から「ありがとう」って言われようとして生きんだ、ってとこ、ひとっつもないです。
あなたの泣き言聞かされて、さわやかにはなれません。
かちゃん、ってフィルム換えて、今日から「ありがとう」って言われる生き方しよう。
そう思っただけで幸せになれます。
なぜか上手く行きます。
すべてのことが上手く行きます。
もうフィルムごと換えればいいんです。
私の十人のお弟子さんは、みーんなすごい幸せになったの。
その人たちは、ひとりさんがついてるから大丈夫なんだ、ってフィルムに変わったの。
かちゃん、って変わったの。
それだけで違うんです。
え~、みんなでね、フィルム換えましょう。
2007年04月14日 アクトシティ浜松講演より

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-斎藤一人

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2022 All Rights Reserved.