ブックガイド

教養として学んでおきたいニーチェ/岡本裕一朗【ガイド・目次】

投稿日:

ドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェ。
「神が死んだ」「ニヒリズム」「超人」「ルサンチマン」……。
私たちがいま当然のこととして見なしている考えの多くが、実はニーチェに由来しています。
ニーチェを一度も読んだことがなくても、知らず知らずのうちにニーチェ的にものごとを考えています。
意識するかどうかにかかわらず、私たちはニーチェの掌の上で踊らされているのです。
「どう生きていくのか」という問いが、ニーチェの生涯の最初から最後まで貫いていました。
彼の思索は、すべての人に何かしらのヒントを与えてくれます。
現在の生きづらい世の中で、ニーチェを読んでみてはいかがでしょうか。

Amazon⇒https://amzn.to/3MC8UQ6


目次

はじめに
ニーチェ関連年表

序章:ニーチェって、どうして人気なの?

世界中で人気のある哲学者
もともとは古典文献学が専門だった
酷評されたデビュー作『悲劇の誕生』
わずか 10年間の活動
昏倒した直後に送られた手紙
人間関係も興味深い
好調ではなかった女性関係
仮面 =多面性を愛する哲学者
ニーチェの文章の特徴
その場その場での仮面を楽しむ
私たちは無意識にニーチェの哲学を受け入れている
私たちはニーチェの掌の上で動いている
時代によって異なる
ニーチェの解釈ニーチェが提示した「思考のメガネ」

第1章:ニーチェを知ると、何が変わるか?

時代認識が変わる
ニーチェの死後に出版された『権力への意志』
ニーチェが再定義した「ニヒリズム」
「絶対的な価値がなくなる」ことの意味
〝生き方〟に対する考え方が変わる
たどりついた結論が〝永遠回帰〟
〝永遠回帰〟を生きるために打ち出したモデルが〝超人〟
〝権力への意志〟は誰もが持っている
ルサンチマンと超人
ものの見え方が変わってくる〝パースペクティブ主義〟

第2章:神が死んで、どうなるか?―「神は死んだ」

ニーチェのやっていることはパロディ
神は死んだ =絶対的価値の消失
神を殺したのは人間
神が死んだことによって起こった混乱

第3章:生きる意味なんてない―「ニヒリズム」

ニヒリズムの意味
生きることの苦しみを忘れさせる〝ディオニュソス〟
悲劇からパロディに変わった『ツァラトゥストラ』
ニーチェのショーペンハウアー批判
ぺシミズムのパラドックス
永遠回帰の思考
ニーチェも答えを出していない

第4章:真実はひとつではない―「パースペクティブ主義」

ものの見方、考え方の基本
芸術の世界から持ち込まれた〝パースペクティブ主義〟
認識の主観主義化
真理はない
否定された人類共通の普遍性
ダーウィン主義の影響があった〝権力への意志〟
弱者は集団になって強者を引きずり降ろそうとする
弱者のルサンチマンによって成立したのが道徳
強者はもういない

第5章:妬みが道徳を生み出した―「ルサンチマン」

〝ルサンチマン〟はニーチェオリジナルの言葉ではない
キルケゴールとニーチェの共通点
従来の系譜学を破壊した『道徳の系譜学』
道徳とはそもそも良いものなのか?
ニーチェは〝系譜学〟の意味を意図的に逆転させた
キリスト教的価値観の道徳
支配権を握ったものが強者ではない

第6章:人間の向こうに何があるか―「超人」

『ツァラトゥストラ』で集中的に使われた〝超人〟
人間とはサルから〝超人〟へ向かう中間にあるもの
生きること自体は否定しないのが〝超人〟

第7章:遊び、そしてパロディ―「永遠回帰」を生きるヒント

精神の三つの変化「駱駝」「獅子」「子供」
なぜ子供なのか
ニーチェにとってのパロディ
ニーチェにとっての遊び
人生でいかに遊ぶことができるのかが生きるヒント
人生は同じことの繰り返し

おわりに

ニーチェ入門のためにお勧めの本
悲劇の誕生
ツァラトゥストラはかく語りき
権力への意志
悦ばしき知識
善悪の彼岸
道徳の系譜学
この人を見よ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ブックガイド

Copyright© 青樹謙慈 , 2022 All Rights Reserved.