「無能唱元」 一覧

【無能唱元・伝法講義録 033】混信夢

2022/08/18   -無能唱元

夢の象徴性 万物万象の有するイメージは膨大なものであり、また、状況の変化によって、それはその意味性も大きく変わってしまうものであることを、まず念頭において頂きたいのです。 次に、ある物の象徴性について ...

【無能唱元・伝法講義録 032】人間は汽車みたいなもの(アレクサンダーテクニック)

2022/08/17   -無能唱元

アレクサンダーテクニックの基本動作は次のただ一つです。 「頭をすっと上の方に持ち上げ、からだがその動きについて行くようにする」これを、この動きを、日常生活の中において出来るだけ応用するのです。靴をはく ...

【無能唱元・伝法講義録 031】正しい姿勢なんてない(アレクサンダーテクニック)

2022/08/16   -無能唱元

姿勢について ーロにいって、健康であることが判るのは、その肉体の外見からです。 肌のつや、眼の輝き、声の調子などもそうですが、最も大切なのは、その外形、すなわち「姿勢」のあり方です。 日常生活の内にお ...

【無能唱元・伝法講義録 030】存在と実在

2022/08/15   -無能唱元

存在と実在 宇宙には私たちに未知のものがまだまだあります。また、異次元のもので、私たちの五感頜域を越えたものは、私たちにとって全く知覚できないものです。 これらの「存在」は、私たちにとっては、「存在し ...

【無能唱元・伝法講義録 029】『地・水・火・風』の象徴性について

2022/08/14   -無能唱元

万物は二をもつて出現した すでにみなさんご承知のように「万物は、陰陽の二極に分かれることによって出現した」のであります。 これは換言すればfあらゆる存在は、陰陽の二極をもって表現されている」ということ ...

【無能唱元・伝法講義録 028】象徴の持つ二つの顔

2022/08/13   -無能唱元

夢判断の警告 も前回に引きつづき、「夢」がテ—マとなり、今回は特に、夢を判断する際の手引き、あるいは事典のようなものを提示したいのですが、ここで、もう一度みなさんに警告したいのは 「夢のシンボルは、人 ...

【無能唱元・伝法講義録 027】正しさを主張する時

2022/08/12   -無能唱元

正しさを主張する時は 豊臣家の関白秀次は、秀吉に対し、自分が次期の日本国国王の正統な継承者であることを主張しそれを秀吉の子、秀頼にゆずろうとしなかったため、遂に身を滅ぼしました。 これは、秀吉の力と自 ...

【無能唱元・伝法講義録 026】彼我の力を計測する

2022/08/11   -無能唱元

当円成会の教義の中には「現実的生活」も尊重するという一大特徴があります。 これは、このようなマインドな世界を説く講座においては、甚だ稀有なことと申せましょう。なぜなら、宗教、道徳、ヨガ、神秘学、などの ...

【無能唱元・伝法講義録 025】クンバカ呼吸法

2022/08/10   -無能唱元

呼吸について 食物をーカ月取らなくても、普通、人間は生きていることは出来ますが、(但し、水だけ は必要)、空気の方は五分間取り入れないと、死んでしまうことは、よく知られた事実です。それほど、空気は、私 ...

【無能唱元・伝法講義録 024】養生呼気の術

2022/08/09   -無能唱元

養生呼気の術 ①両手の甲を合わせ、親指の側を軽く下腹に触れさせながら、(恥骨の上部へ、親指の先端が来るようにする)まず、息を吐き切って、お腹をへこませます。 この時、目は、お臍を見つめるのです。 ②〜 ...

【無能唱元・伝法講義録 023】活元吸気の術

2022/08/08   -無能唱元

神仙術としての呼吸法 参考書籍⇒神通術奥儀伝/小野清秀 まず、「胎息」について考えてみましょう。これは今日でいう「腹式呼吸」であり、また「吸って下腹をふくらまし、吐いて下腹をへこます」という、いわゆる ...

【無能唱元・伝法講義録 022】意識下に潜む多重人格性

2022/08/07   -無能唱元

六つの元型(アーキタイプ:archetype) ユングは、人間の意識下にひそむ、自己人格性を六つの形に分類し、これを「六つの元型(アーキタイプ)」と呼びました。 ①シャドウ(影) 人は誰でもあらゆる可 ...

【無能唱元・伝法講義録 021】三つに分かれる夢のタイプ

2022/08/06   -無能唱元

円形物の示すもの かつて私は、ある女性から、夢について次のような質問を受けたことがあります。 妙な夢で、ここ数日くり返し見るのだが、それは、丸い柱が、太いもの細いもの何本もが重なって現われる、というの ...

【無能唱元・伝法講義録 020】縁起の三位一体性

2022/05/09   -無能唱元

縁起の三位一体性 ここで、このアラヤ識を、もう一歩突っこんで、人間の生命現象を探究してみたく思います。 アラヤに新しい因を刻みつけるためには、「思考と感情」の二つをもって「念」を生じさせ、その念がアラ ...

【無能唱元・伝法講義録 019】霊の複合体

2022/05/09   -無能唱元

霊の複合体 ここで、もう一度、テ—マを「自己同一性」(アイデンティティ)の問題へ戻ってみたく思います。 人間の肉体は一説によれば、約六十兆の細胞で成り立っているといわれております。そして、神秘学的な立 ...

【無能唱元・伝法講義録 018】意識は静かなる観察者たり得ず、他の現象への関与者たらざるを得ない

2022/05/09   -無能唱元

意識は他に関与する このようにして、見る人と見られる人についての考察を私たちは行なってきたのですが、ここで、一つの結論として、申し上げておきたいことがあります。 それは、見る人、すなわち観察者は、客観 ...

【無能唱元・伝法講義録 017】オーラの色は画一的ではない

2022/05/09   -無能唱元

オーラの色彩性 通常、人体オーラの見える人も、それを見ているのは、この陰のグループまでであり、 それは①テルモ体と②エーテル体の層までなのです。 ところが、練達の士が見る時、そのオーラは更に大きく拡が ...

【無能唱元・伝法講義録 016】オーラの五層性

2022/05/09   -無能唱元

人体をとり巻くオーラの五層性 ①テルモ体【熱気体】 ②エーテル【磁気体】 ③アストラル体【霊体】 ④メンタル体【識体】 ⑤コーザル体【因体】 そしてこの五層は次のような二つのグループに分けられます。 ...

【無能唱元・伝法講義録 015】霊も物質である

2022/05/09   -無能唱元

霊も肉と同じように物質である 肉体的精神的と霊的精神 人間の二つの精神・意識というものについて、もう少し具体的な定義をしますと、 ①肉体的精神----遺伝子、個我意識、保守的、防衛的【陰】 ②霊的精神 ...

【無能唱元・伝法講義録 014】スプーン曲げは何の役に立つのか

2022/05/09   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 014】スプーン曲げは何の役に立つのか 何の役に立つか? 念力でスプーンが曲がった、という話を聞いた時、ある女性が、「スプーンが曲がったからってそれが何の役に立つのかしら? と ...

Copyright© 青樹謙慈 , 2022 All Rights Reserved.