ショートショート

新・蒟蒻問答(しん・こんにゃくもんどう)

更新日:

どんな物質よりも柔らかい新素材が発明された。

コンジャック(Conjack)と命名されたそれはダイヤモンドの対極にある世界一柔らかい物質だ。特徴として、静止状態ではプラスチック程度の硬度を保っているが、衝撃が加わると衝撃吸収率ほぼ100%になる。

水は、どんな器の形にでも柔軟に変化することから、柔らかいものの代表としてよく取り上げられることがある。しかし水はコンジャックのように衝撃を吸収することができない。たとえば高飛び込みで水面にぶつかるときの衝撃は400Kgにもなり、衝撃が強くなればなるほど破壊力が増す。

究極の軟弱物質コンジャックの商品への応用として、保護材や緩衝材他、車のボディの素材にすれば絶対事故の起こらない車、建築物に応用すればどんな地震でも絶対倒壊しないビルや一般住宅になる。

***

やがて、コンジャックを使用した様々な商品が発売され、TVやマスコミで取り上げられたことにより『柔らかブーム』が到来し、一大『コンジャックブーム』が巻き起る。
さらには、物質的なものに限らず精神的・性格的なものにまで『コンジャックブーム』が浸透していった。

たしかに柔らかいものは固いものと比べると善なる要素が大きいかもしれない。
だが、ネガティブとポジティブのように、なにがなんでもポジティブが善という昨今の風潮は偏っているとしかいいようがない。

そんな偏った思考が『コンジャックブーム』が起きると同時に、スピリチュアル系の人たちや新興宗教教団らが、こぞって『固いものは悪、柔らかいものこそ善』という概念を大衆に喧伝しはじめた。

『柔らかいもの;コンジャック=善』に対して
『固いもの:ガンコック=悪』という概念はまたたく間に世間に浸透し、柔らかいもの至上主義は絶対的な真理であるかのように、再臨のメシアが天から降臨したかのように大衆は熱狂した。

それはまるで江戸時代に起きた『ええじゃないか』騒動のようであった。
[参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ええじゃないか]

***

日本中が熱病にうかされるような狂乱のなか、ある特定の一部の人たちはこの異常な騒動を醒めた目で見ていた。というより、『コンジャックブーム』を呪いさえした。

物質的な軟弱はまだ許せるとして、『コンジャックブーム』に乗じて精神的にも軟弱になる人達が続出したからである。

『コンジャック信者』は、精神的にも軟弱傾向にあることから争ったり戦ったりを好まず、格闘技などの好戦的なものを拒否しはじめるようになる。

たとえば、学校の体育の授業で、剣道・柔道などを拒否ボイコットする親、学生が、続出。
ボクシング、総合格闘技、相撲、柔道など技を競うスポーツをはじめ、さらには陸上、水泳競技までをも否定しはじめたのである。

『コンジャック信者』……特に男性は、精神的にも軟弱になるよう意識したが、肉体的にも軟弱になるよう努めた。V字前後開脚できるなんてのは当然のこと、身体の中で柔らかくできるところは徹底的に柔らかくするよう努力精進した。

もちろん、身体の中には、物理的に柔らかくできない部分がある。
頭部に関しては、頭の柔らかな人~発想や考え方が柔軟~な人になるよう努力した。

***

騒動から、一年後……

やはりバランスを欠いた不自然なものは長く続かない。
インフルエンザ感染のように爆発的に広まったこの『コンジャックブーム』も、やがて一気に終焉の時を迎える。

それは、夫や世の男どもが軟弱になっていく姿を嘆きながら、ある30代の主婦がツイッターでつぶやいたことがきっかけだった。

.
.
.
.
.
.
.

『お固いのがお好き』

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ショートショート

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2021 All Rights Reserved.