つぶやき

歴史的異物アベノマスクをお金をかけないで処分する法

投稿日:

問題は今ある在庫をどうさばくか。
6000万円もかけて廃棄するくらいなら転売屋に取りに来させて、自由に転売させればいい。アッというまに群がる。
あまりにも人数が多いようだったら、競争入札にすればよいのだ。
悪知恵はあるのだからチョットだけ猿知恵に変えればよいのです。

8000万枚以上が在庫となったままの、いわゆる「アベノマスク」について、厚生労働省は、今年度末までに施設や自治体、個人などの希望者へ配布した上で、残りを廃棄する方向で調整していることが分かりました。
昨年度、保管におよそ6億円がかかっていて、その費用対効果や、マスクの流通が回復したことから判断したということです。
廃棄には6000万円近くかかる見通しです。
[出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/e10e1d9fbe41213eda3045ad97dca05349c01b74]

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-つぶやき

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2022 All Rights Reserved.