斎藤一人

蓮の花の修行(2007浜松講演3)

更新日:

蓮の花の教え・蓮の花の話

2007年04月14日 アクトシティ浜松講演より
※浜松講演2007:フルバージョンはこちら
⇒ https://aokikenji.com/hamamatsu-kouen2007

【文字起こし】

今からハスの花の修行のお話をします。
こいう人います。
「私、ひとりさんさんの本なんか読んで 天国言葉を言うようになったんです。
ところが、会社に行くと周りが否定的な地獄言葉ばっかり話してて、嫌になっちゃうんです」
ていう人がいるんですけど、人間って魂のレベルが上がるとあなたに与えられる、修行があるんです。
それは、あなたに与えられた修行が、蓮の花の修行なんです。
蓮の花って何ですか?っていうと、泥だらけの中から出てきて、泥がついていないんです。
それで、見事にキレイに咲きますよね。
で、泥から、みんなが汚いといっている泥から栄養をとってる。
それで、見事に咲いているんです。
いいですか?
会社の人間がどんなに否定的なことを言おうがなにしようが、
あなただけは汚れることなく、穢れることなく、天国言葉を言い続ければいいんです。
修行の行は、「行く」と書くんです。
ただただ行けばいいんです。行って、言い続けてればいいの。
ハスというのは、根が蓮根っていうの、連なる根っこ、食べたことあんでしょ、ハスの天ぷらとか。
蓮根って、連なってるよ、って意味なの。
てことは、根は連なってるから、魂はみんなつながってるの。
だからあなたが天国言葉を言い続けていたらひとり、ふたり、三人ってつながっていくの。
そういう修行にもう既に入っているのに「あの人がああだ」とか「この人がこうだ」とか言ってない。
ともかく自分だけでも天国言葉を言い続ける。
これが蓮の花の修行なんだ。
あなたは蓮の花の修行に入ったんだから言い続けるしかないよ。
蓮の花の修行は観音さまの修行なんです。
どういうことかというと、観音さまって、手に蓮の花を持ってるよね。
どんな人の気持ちの中にも分け御霊(わけみたま)っていう、つまり真我という汚れのない、穢れのないものがありますよ。
ってのが、ハスの花を持ってるってことなのね。
で、あなたにはもう蓮の花の修行が来たんだから、自分は花として生きればいいんです。
その花として一所懸命生きていると、根がつながっているから、ちゃんと次々って出てくるよ。
今世、一所懸命やっても誰もでてこないこともある。
そしたら、また来世やればいい。
そんなに急ぐことはないの。
世の中は無限に続いてますから。
ただ自分に修行が来たんだな、ということで。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-斎藤一人

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2022 All Rights Reserved.