エッセイ

恩知ラズ

投稿日:

お前は恩知らずだ!

とハッキリ言ってくれる人はなかなかいないんです。

不義理なやつに面と向かって「この恩知らずメッ!」なんて言うことは、そうそうないわけで、陰で、「あいつは恩も知らないやつだ」などと後ろ指さされるのがオチ。

だから、自分がまさか恩知らずだなんて、ちっとも思っていないんですよね……

やってあげたことは、ずーっと忘れないのに
していただいたことは、すぐ忘れる……

悲しいかな、これがゲンジツなんです。

興味深いことに実はこれ、科学的根拠・心理実験のデータがあるそうです。
以下、浄土真宗系布教使の方からお聞きした内容を紹介します。

ある大学の学生400人に、
『あなたがこの大学でしてあげたことしてもらったことを書き出しなさい』
というアンケートをしました。

大学内のことなので『してあげた』というなら『してもらった』人がいるはずです。
ですから、理論上、『してあげた』と『してもらった』の比率は同じでなければなりません。

しかし、実際は大きく違っていました。

もちろん、ふつうの人は、「俺はあいつにこんなことをしたやったンだ!」と、してあげたことをよく覚えているのが常ですから、『してあげた』の件数のほうが『してもらった』の件数よりも、ずっと多かったことは想像に難くないのですが……

問題はその比率です。
なんとその実験によると、
してもらったことをとするなら
してあげたことは35だったそうです。

1:35

つまり、人間はしてもらったことより、
してあげたことのほうを35倍もよく覚えているということになるんですね。
逆にいうと、してもらったことが35あっても、34は忘れてしまうということです。

恍惚の人になってしまったら、自分が『恩知らず』かどうかもわからなくなってしまうのですけれど、
明日スーパーで売り出される納豆3パック58円!のことはしっかり覚えていられるような人なら、
してもらったことくらい、しっかり覚えられいられるはずなんですけどね……

心理実験のお話を聞いて、あツこれ自分のことだ!と思いました。
与えるほどの愛を持ち合わせないので、してあげたことなどなんにもなかったのですが。

いずれにしても、布教師先生のお話を聞かなければ、一生恩知らずのままでいたかも知れません。

斎藤一人さんがこんなお話をされています。

2′05″~
ひとりさんの本で命救われましたって人いるの。
そういう人に、こうやっていうの。

だったら、うちのクリームか健康食品飲みな、って。
別にあんたが飲んだからって、飛躍的に改善するとか思ってないよ、って。

だけど、サントリーの社長に助けられたって話ながら、キリンビールで乾杯してるやつはおかしいんだよ?
よその化粧品会社の社長に世話んなった人は、そこの人の使いなって。
それがスジなんだよ。

この世の中には歴然とした筋道っていうのがあるんだよ。いまさらスジとかはんぺんの話ですか?っていうと、スジとかはんぺんの話なんだよ(笑)

だけど、それって大切なんだよ。
いいかい?
自分が若い頃お金がなくてさ、定食屋いったらそこのおばちゃんがコロッケくれたとか。
ご飯、普通の人よりちょっと多くしてくれたとか、ってことがあったら、自分が大会社の社長になろうが総理大臣になろうが、そこの町いったらそこ行って、コロッケ喰うの。
わかるかい?

スジ通すって、団子だってころころ転がっちゃうのはスジが通ってねぇから(笑)それでね、スジの通った生き方、しないとね。

俺総理大臣なったけど、おばちゃんとこのコロッケ忘れられないで来るんだよ。それを、あっちのコロッケが5円安いだとかさ、こっちが旨いとかっていうけど、その旨いコロッケ屋はあんたに何かしてくれたか?って。

[出典:今まで語れなかった、俺の成功法則~義理・人情・イチバン!]

とても感銘を受けました。

恩を忘れず感謝できる人恩知らずとの違いは、こういった小さなことを実行しているかしていないかの違いではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-エッセイ

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.