主観的過ぎる『食べログ』レビュー

オリジンを待ちわびて♪/『食べログ』非公開レビュー【自主規制】

投稿日:

本家かまどや・ほっかほか大将・ほっともっと・ほっかほっか亭、などのお弁当屋さんには随分とお世話になった。
オリジン弁当は以前から知っていたし、是非食してみたいと常々思っていたのだがいかにせむ仕事場やお家の近くになかったためにこれまでオリジン弁当を賞味したためしがなかった。
焦がれていた。店頭をのぞくといつもそそられていた。

最近、仕事場が葛西駅近辺になったものだから、お昼どきは頻繁にオリジン弁当を食するようになった。
あこがれのオリジン弁当、一番最初に食べたのが、お弁当の定番というかお弁当屋さんのレベルをみるにの外せない鶏のから揚げ弁当である。

あこがれのオリジン弁当、しかも無粋にもオリジン弁当のレベルを推し量ろうなどと企んだ当の本人が情けないことに風邪気味でちょっと鼻が利かない状態になっていたので、味はそこそこわかるけど、風味がよくわからない。

鼻呼吸が楽に出来るので、はだづばりではないけれどひとくくりにいっちまえば、食べ物の味がよくわからなくなっていたのである。舌は麻痺していないけれど、ニオイのセンサーがイカれちまっているので風味がよくわからないのである。
鼻が利かないとこうも食べ物は味気なくなるものかと愕然とした。微妙な旨み、味加減がよくわからない。

『唐揚げ』『とんかつ』『特のり』の三点は、鼻が利かない状態で食したものだから、健全な状態になったら、再度食さねば評価はできない。
ただ、鼻が利かない状態でも以上の三品はするすると胃の腑に落ちていったのでカラダセンサーからすれば、このお弁当はよい滋養になると判断したのだと思う。

唐揚げは、よい味わいを出していると推測できた。舌が拒絶していないので、健全なときに食したらきっとンまいと思う。
とんかつは肉のボリュームがちょっと足りないかな、と。(贅沢いってすみません)

特のり弁は、普通、としかいいようがないけれど、ほっともっとと比較すると、ちょっとおざなりな感じに思う。
ほっともっとののり弁はのりが細かく切れていて、おかかとこんぶが絶妙なバランスでふりまかれている、俺はそこに感動した。

ほっともっとを絶賛するのは、その細やかな気配りにあるのである。
ほっともっとが繊細に盛り付けしているにたいして、いっちゃあわるいけんど、オリジンのそれは、やっつけ仕事のような、こころここにあらずの盛り付けなのだ。
それは、お店のスタッフによりけりなのかもしれないが、葛西店のお弁当の盛り付けには残念ながら「ハート」が感じられないのです。

本日(2012/06/30)食した、カルビ丼につきましては……
マネーの虎風に表現すれば、ノーマネー!ということで。

こんな罰当りなことをいっちゃった俺は、オリジン関係者から、
「じゃ、おまいはこんな定価390円のやっすいやっすいカルビ丼に、いったいナンボなら出せるッちゅうんじゃ!ボケェ」
と北町貫太のようなテンションで恫喝されちゃうかも知れないナ、といつの間にか妄想モードに入っていて、気が付いたら目の前のカルビ丼をぺろりと平らげていた。

普段、料理を食べるときはその料理をじっくり味わいたいので、しゃべったり、TVを見ながらとか、新聞雑誌を読みながら、などということは滅多にしない。
根っからのもったいない精神の持ち主なので、旨い不味いに関らず(出来るだけ)完食する主義である。
心を込めて完食するか、一時的に幽体離脱状態になって完食するかは、料理次第である。
妄想モードに突入しながらの完食ということは推して知るべし。
万が一お店の前でタダで配っていても手を出さないと思う。
カルビ丼は本当に残念でした。

風邪も治って身も心も健全になりつつあるので、また別の種類のお弁当を食して再度評価させていただきたく思います。

オリジン弁当 葛西店:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131305/13140935/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-主観的過ぎる『食べログ』レビュー
-

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.