龍青三

自覚なき心理的拘束~恐怖信仰の末路

更新日:

信仰とは個人の自由意志に基づいたものであり、何人たりともそれを強要したり破棄させることは出来ないものです。

自分の意志で信仰することも、また自分の意志で止めることもできるはずです。

民俗的信仰のように大らかで自由な信仰スタイルであるならば問題はないのですが、教団組織に属した信仰スタイルは自覚できない大きな盲点があるのです。

教団組織に属して信仰をしている人は、自分の意志で信仰し行動していると思い込んでいるかも知れませんが、それは大きな間違いです。

本来個人の信仰を規制したり拘束することがあってはならない事なのですけれど、個人的信仰なら兎も角、教団組織に属してしまったら最後、拘束や規制から免れることは有り得ないことなのです。

なぜなら教団組織に所属してしまえば、全員が同じ教義を信じ同じ儀式、行動をしなければならないのですから。

教団組織を外れた信仰は容認されるはずがなく、教団組織の方針に従わない独自の信仰というのは、分派だの何だのとレッテルを貼られたり排除されたりするのが当然なのです。

教団組織に属して信仰をする限り、教団組織の方針に従わねばならないのです。
(この事は一般企業という組織にもあてはまりますね)

組織を離れた信仰はないということですから、組織に属して信仰するためには、100%の自由意志に基づいた信仰でないことがわかります。

そのことはつまり、個人の自由は許されないことであり、自分流の教義の解釈もまた許されないということでもあります。
教団組織での信仰は、自然と心理的拘束を強いられていることになるのです。

教団組織に同調、協調している方においては、気分が悪い記事だと思います。

しかし、これが現実であり教団組織に属して信仰する以上、自発的な選択が出来ないという宿命でもあります。

だからといって、私は信仰の自由を侵害するつもりはありません。
教団組織内で、何の葛藤もなく矛盾も感じることもなく、信仰こそ我が生命の如くその信仰心を貫くことは尊いことです。

教団組織に疑問を感じたり、葛藤したり、ジレンマに陥ったりしている人はどうでしょうか。
その信仰はもはや教団組織とは相対基準が合わないのですから、3つの選択肢しかないはずなのです。

1)教団組織を離れて個人または同志と信仰を続ける。
2)教団組織を離れ、かつ信仰も止める。
3)思考停止し、教団組織のいいなりの信仰を続ける。

論理的に考えれば、上記のいずれかしか選択肢はないはずです。
しかし、現実はどうでしょうか。

教団組織に疑問を感じながらも、離れることができず悶々と苦悩している人もいるのです。
心の奥では教団組織に不信しているけれども、表面的には教団組織に従っているふりをしている。

では、なぜそんなことになるのでしょう。

以下の記事に立脚すれば、知らず知らずのうち自覚のないままに、他者依存状態に陥ったからではないかと思います。

★自律と自立
https://aokikenji.com/muno-shogen-jiritsu

この記事を読んだ人の感想や気づきは様々だと思います。

単に『健康管理』についての問題提起と捉える人もあれば、信仰的観点から、我が教団は決して過保護じゃないから自分とは関係ないと、捉える人もいるかも知れません。

まさか自分が教団組織に依存しているなどとは、全く以て考えたこともない人もいるでしょう。
教団組織に属している限り、他者コントロールからは逃れることができないのです。

教団組織に葛藤しながら辞めるに辞めれない人は、
以下の記事、Mintzの実験『金銭報酬群の行動パターン』に陥っています。

★パニック現象はなぜ起こるか
https://aokikenji.com/panic-phenomenon

組織に迎合しているのであれば協調せざるを得ず、そこにはなんら葛藤も摩擦も起こらないはずなのです。

今現在、辞めるに辞められない理由は自覚していない恐怖なのです。
辞めると天罰があたるとか地獄に落ちるとか……

恐怖信仰は続ければ続けるほど厄介になります。

自分の恐怖に気づけば、あとは恐怖から自由になれます。

恐怖の実体などどこにもないのですから。

あとがき

ある新興宗教団体に入信している知人のことを思いながら書きました。
宗教を否定するものではありませんが、知人が今その団体に所属することによって幸せであれば問題はないのですが、現在悩み苦しんでいる彼女のことをスルーできなくて、書かずにはいられないという心境で書き散らしました。

参考図書
選択の科学:動物園の象の寿命は野生の象の寿命よりなぜ極端に短いのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-龍青三

Copyright© 青樹謙慈 , 2022 All Rights Reserved.