Kindle出版 龍青三

【Kindle版】干支の雑学:推命家必修~天干地支の哲理

更新日:

本来の干支は占いではなく、易の俗語でもない。
それは、生命あるいはエネルギーの発生・成長・収蔵の循環過程を分類、約説した経験哲学ともいうべきものである。
即ち「干」の方は、もっばら生命・エネルギーの内外対応の原理、つまりchallengeに対するresponseの原理を十種類に分類したものであり、「支」の方は、生命・細胞の分裂から次第に生体を組織・構成して成長し、やがて老衰して、ご破算になって、また元の細胞・核に還る――これを十二の範疇に分けたものである。

干支は、この干と支を組み合わせてできる六十の範疇に従って、時局の意義ならびに、これに対処する自覚や覚悟というものを、幾千年の歴史と体験に徴して帰納的に解明・啓示したものである。
[安岡正篤:干支の活学 (安岡正篤人間学講話)より]

詳細:https://amzn.to/3eyhvnR

Kindle Unlimited 登録で電子書籍が読み放題!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Kindle出版, 龍青三

Copyright© 青樹謙慈 , 2022 All Rights Reserved.