Kindle出版 新説・日本史講座

【Kindle版】新説☆古代日本史:個人学習ノート

更新日:

青樹謙慈:個人的学習ノート電子書籍版。

以前、古代日本史に関連する講義を受講したノートのまとめを当サイトで公開していたものをKindle版出版しました。

【目次】
■はじめに
永六輔氏による序文より
関連研究者紹介
■謎の渡来人:秦氏(はたし・はたうじ)
弓月君(ゆづきのきみ/ユツキ/ユンヅ)と秦氏
秦氏の業績
・治水・灌漑
・養蚕(ようさん)・機織り(はたおり)・酒造り
・芸術
・神社創建
秦河勝について
・常世の虫事件(とこよのむしじけん)
・莫大な資金力
・秦河勝の像と雅楽面/胡王面(こおうめん)・蘭陵王の面(らんりょうおうのめん)
・大避神社の地図
秦氏の起源~彼らはどこから来たのか
・北朝イスラエルの最期
北朝イスラエル十部族が目指した地
■原始キリスト教の伝来
秦氏の出身地
■弥勒とメシア
秦一族の基督教信仰
「メシヤ」が「ミロク」になった
「ウズマサ」は本尊名
■イエスと稲荷神社
秦氏のダビデ神社
三位一体信仰を表した三柱鳥居
秦氏と稲荷神社の関係
秦氏とヤハタ神
景教は異端ではない
景教は信仰の自由を認めた
■仏教と景教
日本への景教伝来
景教の影響を受けた光明皇后
東大寺の大仏と八幡神
空海と景教
■聖徳太子伝説と景教
平安京をつくった秦氏
聖徳太子伝説と景教
聖徳太子に対する古代基督教の影響
聖徳太子一族はなぜ殺されたか
秦氏と関係の深かった聖徳太子
■ダビデと阿波踊り
日本史を本質的に理解するために
日本人はどのような神を崇拝してきたのか
神道と偶像崇拝
イスラエルの祭司と日本神道の神官の服
古代イスラエル人は日本に来たか
南米でメノラ発見
カシミールに来たイスラエル十部族
契約の箱と御神輿はよく似ている
■神道とユダヤ教
神社の構造は古代イスラエルの幕屋に似ている
神社の狛犬(こまいぬ)と手水舎(てみずや)
■聖徳太子の謎・大化の改新の真相
聖徳太子以前の日本史
卑弥呼の正体と邪馬台国の場所
邪馬臺国のその後
聖徳太子が聖者として崇められた理由と死の真相
蘇我倉山田石川麻呂の系図
蘇我氏のルーツ
ヤマト建国から7世紀に至る時代背景と蘇我氏の台頭
律令制度の真相
法隆寺に隠された謎の真相
山背大兄王は本当に実在したのか
大化改新とはいったい何だったのか
乙巳の変で叫ばれた謎の一言
中臣鎌足は人質として来日していた百済王子・豊璋
大化改新後の中大兄皇子の不可解な行動
■壬申の乱
天智天皇の死の真相
謎めく壬申の乱
『日本書紀』は誰が何を目的に書いたのか
天武天皇は天智天皇の弟ではなかった
天武天皇死後の不穏な情勢
意味がわかると怖い話
持統天皇と藤原不比等の結託
藤原の陰謀で抹殺された長屋王一族
なぜ聖武天皇は東大寺を建立したのか
■蘇我氏と聖方位
飯豊皇女の謎
シリウスの都 飛鳥/栗本慎一郎
日本列島に数千年前から存在した精密な太陽(観測)のネットワーク
三輪山と大和三山~その隠しえない方位
冬至線・夏至線の時空間とネットワークの交点
新価値観の登場~応神天皇陵
大和の「聖方位」~法隆寺の謎
近江における二つの価値観の交錯と交替
シリウスとペルセポリスと聖方位
ヤマトタケルと白鳥伝説
蘇我氏とミトラ教的宇宙観
■古代政治と神々
千葉市蘇我の蘇我比咩神社(ソガヒメジンジャ)
武内宿禰の影
なぜ住吉さまが宇佐神宮に現れるのか
梁書による日本国の構成
改竄された飯豊皇女の真実
歴史から抹殺された蘇我氏の真実
大王:蘇我馬子
法隆寺に残るペルシアの影
鹿島神宮と大生神社・大生古墳群

詳細:https://amzn.to/3pC8W1M

Kindle Unlimited 登録で電子書籍が読み放題!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Kindle出版, 新説・日本史講座

Copyright© 青樹謙慈 , 2022 All Rights Reserved.