ショートショート

【ショート・ショート】青ッ洟小僧の神様(あおっぱなこぞうのかみさま)

投稿日:

ああ主よ、ぼくはケーキを食べたかっただけなのです。

子供のころ、クリスマスはイエスさまの誕生日だと教わりました。

でも、ぼくにとっては一年に一度だけケーキを食べられる日でした。

ぼくの誕生日の日はご飯にちょっと色がつく日でした。

おかあさんは五目ご飯だと教えてくれました。具は油揚げだけだったけど。

一目も五目もぼくにとってはどっちでもいいのです。

ただひたすらケーキが食べたかったのです。

クリスマス(イブ)の日は、ぼくの誕生日よりうれしい日でした。

夕方クリスマスケーキが届くと、おかあさんは仏壇にお供えしておまいりをしていました。

ぼくもおまいりをするふりをしてそっと箱をあけてクリームをぺろぺろっとなめました。

一回やるとまたなめたくなって、またおまいりをしました。

ぺろぺろぺろっ。

テレビを見てるとまたおまいりしたくなりました。

ぺろぺろぺろぺろっ。

宿題をやったらまたおまいりしたくなりました。

ぺろぺろぺろぺろぺろっ。

ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ……

夕ごはんのあと、みんなでクリスマスケーキをたべました。

見事なスポンジケーキになっていました。

次の年(年長さん)から、クリスマスケーキは生クリームではなくなり、アイスクリームケーキになりました。

イエスさまの誕生日を祝わないからばちがあったと思いました。

今度からイエスさまの誕生日を祝いますから生クリームにしてくなさい。

といっしょうけんめい仏壇におまいりしました。

そしたらショートケーキになりました。

景気がわるくなりました。

ああ主よ、ぼくはただケーキを食べたかっただけなのです。

お許しください。

神棚に向かって懺悔の祝詞をあげました。

はれろや~ ああーめぇーん

*

 

クリスマスの想い出はケーキにまつわることばかり。

その反動でケーキの大人買い、大人喰いをして腹ぼてになりました。

喰いあらためます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ショートショート

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2022 All Rights Reserved.