「 直観 」 一覧

【ざっくり哲学まとめ】イマヌエル・カント(Immanuel Kant/1724~1804)

イマヌエル・カント(Immanuel Kant/1724~1804) プロイセン王国(ドイツ)の哲学者であり、ケーニヒスベルク大学の哲学教授である。 『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三 ...

【ざっくり哲学まとめ】ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623~1662)

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623~1662) フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者、発明家、実業家。哲学においては、実存主義(existen ...

【ざっくり哲学まとめ】フランシス・ベーコン(Francis Bacon/1561~1626)

キリスト教的世界観を持つベーコンの思想 イギリス経験論の祖となったベーコンは、経験を重視する中世以来のイギリスの学問的伝統と、ルネサンスの科学・技術の発展を踏まえて、近代的な経験論を展開しました。 ル ...

【スピノ】ザエチカ―倫理学(上・下)/【本要約・ガイド・考察】

エティカ~幾何学的秩序に従って論証された Ethica, ordine geometrico demonstrata 17世紀オランダの哲学者バールーフ・デ・スピノザ(Baruch De Spinoz ...

【荘子】ざっくりまとめ学習ノート

【荘子】前370頃~前300頃 名は周。宋の国の出身。その思想は『荘子』に伝わるが、実像は不明。賢人ゆえ楚王により高位をもって迎えられたが、悠々自適の生活で自由人として生きたと伝えられる。自在な筆法で ...

量子力学が語る世界像/和田純夫【ガイド・目次】

量子力学が語る世界像:重なり合う複数の過去と未来 (ブルーバックス)  ミクロの世界とマクロの宇宙をつなぐ新しい考え方 量子力学を全宇宙にまで広げて考えることがはたして可能でしょうか? その ...

【老子 第14章】視之不見~直観で捉えたタオは言葉で説明できない

2021/06/14   -老子現代現場訳
 

之を視れども見えず 感覚によっては捉えることのできない、 瞑想中に浮かぶ道(タオ)の姿。 把捉するべからざるもの、軽重もなく、名づけようもなく、 所在も分からぬものであるが、万有を支配する力のあるもの ...

【私的補正因子】 盗人根性・ズル・ごまかし・不正・嘘・時々詐欺【ずる~嘘とごまかしの行動経済学】

2021/04/30   -Books, 叡智
 

[TED]行動経済学者ダン・アリエリー 予想通りの不合理さ ダン・アリエリー(Dan Ariely、1967年4月29日 - )は、イスラエル系アメリカ人で心理学と行動経済学の教授。 デューク大学で教 ...

Copyright© 青樹謙慈 , 2023 All Rights Reserved.