老子現代現場訳

【老子 第1章】道可道非常道~道(タオ)とは何か

更新日:

道の道とす可きは常の道に非ず

之を視れども見えず
之を聴けども聞こえず
之を搏えんとすれども得ず

それは、形なき形、声なき声。
の・ようなもの。

はじめに、道(タオ)ありき。
天地に先立ちて実存する絶対的なものであり、
名づけようもなく、名のない存在である。

天地一切万物は、生起滅尽流転する有限有形の存在であるが、
道(タオ)は、生滅と変化を超えたところにある悠久無限無形の実在である。

道(タオ)は、人間の言葉で説明できるようなものではない。
その言葉は、おぼろげな輪郭をなぞるだけの単なる点画に過ぎない。

不立文字
Non-verbal
言葉なき言葉
言わざるの弁
言葉を去てた至言
言葉にならない言葉
言葉にできない言葉

道(タオ)は、宇宙の根本、万物の本源・始源。
道(タオ)は、恒常不変、絶対的な無。
道(タオ)は、天地(無)を生み、
天地が万物(有)を生み、
絶対的な無から相対的な無と有が生まれ、
相対的な無(天地)から、相対的な有(万物)が生まれた。

道(タオ)への回帰、目覚め。

欲を捨て、その形なき形、声なき声に静かに向き合うとき、
命とはなにか、自己の存在、生きて死ぬ意味が明らかになる。

無形なる道(タオ)の世界は、純粋無欲でなければ、
その幽玄霊妙な本質を知ることができない。
欲に囚われる者は、常に彼此差別と対立の相対世界に生きるが故、
物事の上辺だけでしか観ることができないのである。

道(タオ)に目覚めた者は、心安きに在り静を守り柔を守る。
無形のものこそ実在であることを知る。
だから、形あるものに囚われることがなく、
形あるものを指し示す名に囚われることもない。

それを聖人と呼ぶ。

名の異なる妙なるもの(形而上的世界)と、
徼かなるもの(形而下的世界)とは、
同じところより出て、やがて道(タオ)に還る。

無形のものと有形のもの、実在世界と現象世界、天地、万物の根源はひとつ。
ALL ONE ONENESS

共通の根源、絶対的な無。

これを仮に『玄』と名づけよう。
この玄は一切現象世界を生じる門である。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
道可道非常道。名可名非常名。
無名天地之始。有名萬物之母。
故常無欲以觀其妙。常有欲以觀其徼。
此兩者。同出而異名。同謂之玄。
玄之又玄。衆妙之門。
-------------------------------------------------
道の道とす可きは常の道に非ず、
名の名とす可きは常の名に非ず。
名無し、天地の始めには、名有り、万物の母には。
故に常に無欲にして以て其の妙を観、
常に有欲にして以て其の徼を観る。
此の両者は同じく出でて名を異にし、
同じく之を玄と謂う。
玄の又玄、衆妙の門。
-------------------------------------------------
これが道だと規定しうるような道は、
恒常不変の真の道ではなく、
これが真理だと規定しうるような言葉は、
絶対的な真理の言葉ではない。
天地開闢以前に元始として実在する道は、
言葉では名づけようのないエトヴァスであるが、
万物生成の母である天地が開闢すると、
名というものが成立する。
だから人は常に無欲であるとき、
名を持たぬ道のかそけき実相を観るが、
いつも欲望をもちつづけるかぎり、
あからさまな差別と対立の相をもつ名の世界を観る。
この道のかそけき実相および
あからさまな差別と対立の相の両者は、
根源的には一つであるが名の世界では二つに分かれ、
いずれも不可思議なるものという意味で玄とよばれる。
そして、その不可思議さは
玄なるが上にも玄なるものであり、
造化の妙用に成る一切万物は、
そこを門として出てくるのである。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第一章體道]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.