老子現代現場訳

【老子 第2章】天下皆知美之爲美~相対世界で生きるコツ

更新日:

天下、皆な美の美為るを知るも、斯れ悪のみ

道(タオ)こそ真の実在であり、裏のない絶対世界である。
一方、我々の住む憂世有形世界は、
表があれば必ず裏がある差別対立の相対世界である。

たとえば美女というものを定義するとき、
そこには必ず、同時に醜女の概念が発現する。

醜女の概念があるからこそ、美女の概念がある。
両者は切り離すことができない。
絶対的な美女も存在できず、絶対的な醜女も存在できない。

善人(ヒーロー)は、悪人(ヒール)なしにはありえないように、
この相対世界において、有無・長短・長短・音声・前後、等の関係は、
絶対不変なものではなく、調和を前提として成り立っている。

人間が判断する様々な価値観は、相対的であって絶対的ではない。
にもかかわらず、それを絶対的なものであるかのごとく錯覚している。
あるがままの世界を歪曲して妄想の世界に住み、自縄自縛に陥る。

虚構の相対世界は有限であり、
永遠無窮の絶対世界でないが故に、いつしか限界と終局を迎える。

そこで、このような不変の真理を体得している者は、
相対世界に囚われることの愚かさを知っている故に、
ことさら思慮作為を用いることなく、道理に従い無心にふるまう。

賢しらのサルヂエなど働かすこともなく、
人為を否定する無為の営みに身を任せ、
無為自然の教化を行う。

道(タオ)に目覚めた者は、
何か物を生み出しても、自分の所有観念を持たず、
何事が作されても、なすがままにやらせておき、
何事が発生しても、格別気にかけることもなく、
為政者、経営者としても作為に頼らない。

たとい、成功者として世間から持ち上げられようとも
決して奢らず、うぬぼれず、傲慢にならず、恬淡としている。

もともと、現在のポジションは自然にそうなったのだから、
成功者ポジションに就いているなどと思ってもいない。
だから、しがみつく必要もないし、あえて去る必要もない。
いつまでもそこに居て、去ることもないからこそ、
永遠に偉大な存在なのである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
天下皆知美之爲美。斯惡已。
皆知善之爲善。斯不善已。
故有無相生。難易相成。長短相較。
高下相傾。音聲相和。前後相隨。
是以聖人。處無爲之事。行不言之教。
萬物作焉而不辭。生而不有。爲而不恃。
功成而不居。夫唯不居。是以不去。
-------------------------------------------------
天下、皆な美の美為るを知るも、斯れ悪のみ。
皆な善の善為るを知るも、斯れ不善のみ。
故に有無は相い生じ、難易相い成し、
長短相較り、高下相傾け、音声相和し、前後相随う。
是を以て聖人は、無為の事に処り、不言の教を行なう。
万物作りて辞せず、生じて有せず、
為して恃まず、功成りて居らず。
夫れ唯居らず、是を以て去らず。
-------------------------------------------------
世の人はみな美の美たるを知って美のみに執着するが、
その美は醜にほかならぬ。
みな善の善たるを知って善のみに固執するが、
その善はすなわち不善にほかならぬ。
かくて有ると無いとは互いに生じあうセットの概念であり、
難しいは易しいを前提として成立し、
長いは短いがあるから、それぞれに形を持ち、
高いと下いは互いに取って代わりうる相対的な概念であり、
楽器の音と人の肉声とは相互に調和しあい、
前には後ろが、後には前がつきまとうのである。
だから道の体得者である聖人は、
一面的な価値観にとらわれぬ無為のいとなみに身を任せ、
言語概念の相対性を超える不言の教えを行ってゆく。
一切万物が己の造化の働きによって生起してきても
黙々として一言も語らず、
万物が生成しても、それを吾ものにしようとはせず、
生成化育の偉大な営みを行いながら手柄がおもせず、
大功が成就しても成功者の栄位に居すわらない。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第二章養身]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.