老子現代現場訳

【老子 第8章】上善若水~水のように

更新日:

上善は水の若し

道(タオ)の在り方として柔弱謙下(じゅうじゃくけんげ)の教訓として、
最も重視されるのは、絶対に争わないということである。

争わないことを心がけていれば何も問題はない。
水のように、下に下にと謙っていればいいのである。

水は、進むにあたって穴を充たして然る後に動くが、
その姿は時を得た人の行動に似ている。

水の行動には無理がなく、他と争うところがない。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
上善若水。
水善利萬物而不爲。處衆人之所悪。
故幾於道。居善地。心善淵。與善仁。
言善信。正善治。事善能。動善時。
夫唯不爲。故無尤。
-------------------------------------------------
上善は水の若し。
水は善く万物を利して争わず、
衆人の悪む所に処る。故に道に幾し。
居るには地を善しとし、心は淵きを善とし、
与にするは仁なるを善とし、
言は信あるをを善とし、政は治まるを善とし、
事は能あるを善とし、動くには時なるを善とす。
夫れ唯争わず、故に尤め無し。
-------------------------------------------------
最上の善は、たとえば水のようなものである。
水は万物に偉大な恵みを与えるが、万物と争うことはせず、
人々の嫌がる低湿の地をすみかとする。
だから無為自然の道の在り方に近いのだ。
善といえば、こんな言葉がある。
すみかとしては大地の上が善く、
心の在り方としては淵のように深いのが善く、
仲間としては仁者が善く、
言葉としては真実なのが善く、
政法(おきて)としては世の中のうまく治まるのが善く、
事に処しては有能なのが善く、
行動としては時宜を得ているのが善いという言葉が。
水もまたこれらの善をことごとく備えているといえるだろう。
水の偉大さは万物に順って争わぬということにあるが、
いったい争わぬからこそ過失もなく咎めだてされることもないのである。
道の体得者・聖人の在り方もこれと同じだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第八章易性]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.