老子現代現場訳

【老子 第10章】載營魄抱一~花は無心にして蝶を招く

更新日:

営魄に載りて一を抱き、能く離るること無からんか


抱一(ほういつ)の思想

道(タオ)と一体となっておれば何も問題はない。
道(タオ)と離れなでおったらどんなものだろう。
それが一番いいのではなかろう乎、どんなもん乎。

現実に不満を持ち、過去のいい思いをした時代に逃げ、
過去辛かったことをいつまでも引きずり、
そして未だ来ぬ現実、未来への不安心配ばかりで、
目の前のご飯をおいしく食べられない、
そんな『心ここに在らず』の人は、何事も上手くいかない。

他のことのに心奪われることなく、心を今に向け落ち着ける。
ぶれたら、いつもセンター(今)に戻る。

かたくなな心を柔らかくして、心の鏡をいつもキレイに磨き、
そして、わざとらしい条件付の愛ではなく、だた愛する。

花無心招蝶 蝶無心尋花
花は無心にして蝶を招き、蝶は無心にして花を尋ぬ

思いやりと感謝、ただ愛するだけ。それだけでいい。
家族を思う、友人を思う、国を思う。

『生きとし生けるものが幸せでありますように』

心眼開いて、すべてまるっとお見通しだが、
態度としては、何もしらないおぼこのようでいる。

事理に明白にして通達せざるなき英智を
身にそなえた者でありながら、愚者としてふるまえるahoist。

それは、『無為』であり、『無知』であり、『柔弱』であり、
赤子のようであり、女性のようでもある。

道(タオ)は、実際に万物を生じさせ養い育てている。
にもかかわらず、万物を生み出しながら、
これを自分の物として所有せず、
大きな仕事なしながら、これを自分の手柄として恃み誇らず、
万物を成長させてやりながら、
その主催者としての地位に立とうとはしない。

このように、少しも自己の手柄に誇ることなく、
黙々としてその大事業を遂行しているその姿は、
これこそもっとも深い真の徳というべきものである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
載營魄抱一。
能無離乎。專氣致柔。能嬰兒乎。滌除玄覽。
能無疵乎。愛民治國。能無爲乎。天門開闔。
能爲雌乎。明白四達。能無知乎。
生之畜之。
生而不有。爲而不恃。長而不宰。是謂玄徳。
-------------------------------------------------
営魄に載りて一を抱き、能く離るること無からんか。
気を専らにし柔を致めて、能く嬰児たらんか。
玄覧を滌除して、能く疵うこと無からんか。
民を愛し国を治めて、能く無為ならんか。
天門、開闔して、能く雌と為らんか。
明白にして四達し、能く無知ならんか。
之を生じて、之を畜う。
生じて有せず、為して恃まず、
長じて宰せず、是れを玄徳と謂う。
-------------------------------------------------
生命の車に乗りて、無為の道しっかり抱き、
離るることしばしだになし。
精気を外に洩らさず、心身のこよなき柔(しなや)かさを保ち、
その生い生いしさは嬰児(みどりご)のごと。
心の鏡に汚れを拭い、人の世の塵、そを傷つくることなし。
民を愛し国を治めて、人為のさかしらすべて打ち捨て、
生死(しょうじ)のうつろいには
女性(にょしょう)のごとただゆだねゆく。
明けらかき英知(ちえ)は四方を照らすも、
その英知を蔵めて愚かなりや其の容貌(かお)。
天地(あまつち)の、万物を生みいだし養い、
生みいだせども吾が所有(もの)とせず、
為(おこな)えども誇ら顔せず、
育つれども支配者を気どらざる、がごとくす。
これぞこれ玄(いみ)じき聖人(ひじりびと)の徳

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第十章能爲]
-------------------------------------------------

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.