老子現代現場訳

【老子 第12章】五色令人目盲~夢も目標も持たない幸せ

更新日:

五色は人の目をして盲ならしむ

快楽主義への警告/無欲のすゝめ

人間に欲があるのは生きるために必要だからである。
無欲とは、欲がないということではなく、
欲を捨てよということでもなく、今満ち足りているから、
特に欲しいものはないということ。

現状に満足しているから、
次から次へと欲望がアタマをもたげてくることはない。

無欲とは、過剰な欲望に囚われないということ。
だから、満足を知る者は過剰な欲に走ることはない。

たとえばかつて貧乏に苛まれていた人が、
奮闘努力の結果、財を築き裕福な暮らし手に入れたあと、
往往にして金銭感覚がマヒしてしまうことがある。

欲望に囚われ贅沢三昧、泡沫の快楽にのめり込むとき、
人はやがてその刺激のなかに溺れ、正常な感覚を狂わす。

人は、虚しさ寂しさ不安な心を充たすため、
五官の欲望を追求し、それに囚われ、溺れていく。
五官の奴隷になれば、心はますます荒野にさ迷う。

道(タオ)に繋がる者は、
道念を固めることに精進し、五官の欲望を追求しない。

あなたの夢はなんですか~?
あなたの目標はなんですか~?
あなの理想はなんですか~?
あなたの希望はなんですか~?

道(タオ)に生きる者は、
憂世のテーマソング♪に、こう応える。

「夢もチボウもありません」


-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
五色令人目盲。五音令人耳聾。五味令人口爽。
馳騁田獵。令人心發狂。難得之貨。令人行妨。
是以聖人。爲腹不爲目。故去彼取此。
-------------------------------------------------
五色は人の目をして盲いしむ。
五音は人の耳をして聾れしむ。
五味は人の口をして爽わしむ。
馳騁田猟は人の心をして発狂せしむ。
得難きの貨は人の行をして妨げしむ。
是を以て聖人は、腹の為し、目の為にせず。
故に彼れを去てて此れを取る。
-------------------------------------------------
人工的な五色の色彩(いろどり)は人間の目を盲にし、
人工的な五音の音楽は人間の耳を聾にし、
人工的な五味の美食は人間の味覚を麻痺させる。
狩猟の遊びは人間の心を狂いたたせ、
珍しい財(たから)は人間の行いを邪にする。
だからこそ無為の聖人は、
内なる力を腹にたくわえ、
文明の虚飾を外に求めぬのだ。
だからこそ我々は、そちらの沈溺を捨てて、
こちらの無為を取るのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第十二章檢欲]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.