老子現代現場訳

【老子 第13章】寵辱若驚~八風吹けども動ぜず

更新日:

寵辱に驚くが若くし、大患を貴ぶこと身の若くす

 

人は寵辱得喪(ちょうじょくとくそう)に心を奪われるべきではなく、
真に自我の貴ぶべきことを自覚して、
その自重の下に立つことが必要なのでである。

昇給、昇進に舞い上がってみたり、
あるいは降格にショックを受け、
リストラの恐怖におびえたりする。

はらはらわくわくどきどきびくびく、
心が休まるときがない。

そんな上辺だけのちっぽけなことに、
あがったりさがったり、いちいち心を奪われる。

うれしい事もかなしい事も、我が身いのちあってのこと。
我が身以上に、名利を貴ぶのは何かが狂っている。

名利を得られるのは、いのちあっての物種。
それなのに、名利を追いかけて生命をすり減らしている。

いのちを失って何の名利があるというのだろう。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
寵辱若驚。貴大患若身。
何謂寵辱若驚。
寵爲下。得之若驚。失之若驚。是謂寵辱若驚。
何謂貴大患若身。吾所以有大患者。爲吾有身。
及吾無身。吾有何患。
故貴以身爲天下。若可以寄天下。
愛以身爲天下。若可托天下。
-------------------------------------------------
寵辱に驚くが若くし、大患を貴ぶこと身の若くす。
何をか寵辱には驚くが若くすと謂う。
寵を下と為し、之を得ては驚くが若し、
之を失いては驚くが若くす、是れを寵辱に驚くが若くす謂う。
何をか大患を貴ぶこと身の若くすと謂う。
吾れ大患有る所以の者は、吾れ身有るが為なり。
吾れ身無きに及びては、吾れ何の患い有らん。
故に、貴ぶに身を以てして、天下を爲むれば、
若ち天下を寄すべし。
愛するに身を以てして天下を爲むれば、
若ち天下を托すべし。
-------------------------------------------------
世の寵(ほま)れと辱しめにハッと心いましめ、
帝王の位たっとぶがごと己が身(いのち)たっとぶ。
何をか世の寵れと辱めにハッと心いましむるというや、
世の世の寵れをも辱しめと一つに見なし、
世のほまれ得るもハッと心いましめ、
世のほまれ失うもハッと心いましむ、
何をか帝王の位たっとぶがごと己が身たっとぶというや、
己れに帝王の位の有たるるわけは、
己れにこの身あればこそなり。
己れにこの身なからんときは、
己れに帝王の位もまたいかでたもたれん。
さればこそ、
この身貴びて天の下おさめん人は、
天の下、かかる人にぞ寄けて可けん。
この身いとおしみて天の下おさめん人は、
天の下、かかる人にぞ任せて可けん。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第十三章厭恥]
-------------------------------------------------

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.