老子現代現場訳

【老子 第14章】視之不見~直観で捉えたタオは言葉で説明できない

更新日:

之を視れども見えず

感覚によっては捉えることのできない、
瞑想中に浮かぶ道(タオ)の姿。

把捉するべからざるもの、軽重もなく、名づけようもなく、
所在も分からぬものであるが、万有を支配する力のあるもの。

初めなき終わりなきもの。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
視之不見。名曰夷。
聽之不聞。名曰希。
摶之不得。名曰微。
此三者。不可致詰。故混而爲一。
其上不皦。其下不昧。
繩繩不可名。復歸於無物。
是謂無状之状。無物之象。是謂惚恍。
迎之不見其首。隨之不見其後。
執古之道。以御今之有。
能知古始。是謂道紀。
-------------------------------------------------
之を視れども見えず、名づけて夷と曰う。
之を聴けども聞こえず、名づけて希と曰う。
之を搏てども得ず、名づけて微と曰う。
此の三者は致詰す可からず。故に混じて一と為す。
其の上は皦かならず、其の下は昧からず。
縄縄として名づく可からず、無物に復帰す。
是れを無状の状、無象の象と謂う。是れを忽恍と謂う。
之を迎えて其の首を見ず、之れに随いて其の後を見ず。
古の道を執りて以て今の有を御む。
能く古始を知る、是れを道紀と謂う。

※皦=機種依存文字
-------------------------------------------------
目をすえて見ても何も見えないから、「夷」―色が無いという。
耳を澄まして聴いても何も聞えないから、「希」―声が無いという。
手で打ってみても何も手ごたえがないから、「微」―形が無いという。
だが、この三つの言葉では、まだその正体が既定しつくされない。
だから、この三つの言葉を混ぜあわせて一つにした存在なのだ。
その上部は明らかでなく、その下部は暗くない。
だだっぴろくて名づけようがなく、
物の世界を超えたところに立ち返っている。
これを状(かたち)なき状、物の次元を超えた象(もの)というのだ。
これを「惚恍」―ぼんやりとして定かならぬものというのだ。
前から見ても、その顔が見えるわけでなく、後から見ても、
その尻が見えるわけではない。
太古からの真理を握りしめて、今も眼前の万象を主宰している。
歴史と時間の始原を知ることのできるもの、
それを道の本質とよぶのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第十四章賛玄]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.