老子現代現場訳

【老子 第15章】古之善爲士者~タオなる人の心持ち

更新日:

古の善く士たる者は、微妙玄通にして深くして識る可からず

前章の、道(タオ)が把捉すべからざるものである
との説明を承けて、その道(タオ)を体得した人が、
これまた把捉すべからざる姿のものであることを述べている。
而してその把捉すべからざる人物は、
結局において満足を求めない、消極の人であることを論じている。

慎重で警戒心強く、他人行儀であるかと思うと打ち解け、
純粋であるかと思うと濁っていて、
清濁併せ呑むような人柄であって、
山から伐りだしたばかりの木のように、
自然のままに自由に生きる人である。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
古之善爲士者。微妙玄通。深不可識。
夫唯不可識。故強爲之容。
豫兮若冬渉川。猶兮若畏四隣。
儼兮其若客。渙兮若氷之將釋。
敦兮其若樸。曠兮其若谷。
混兮其若濁。孰能濁以靜之徐清。
孰能安以動之徐生。
保此道者。不欲盈。
夫唯不盈。故能敝而新成。
-------------------------------------------------
古の善く士たる者は、
微妙玄通にして深くして識る可からず。
夫れ唯だ識る可からず、故に強いて之が容を為す。
豫として冬川を渉るが若く、
猶として四隣を畏るるが若く、
儼として其れ客の若く、
渙として氷の将に釈けんとするが若く、
敦として其れ樸の若く、
曠として其れ谷の若く、
混として其れ濁の若し。
孰か能く濁りて以て之を静めて、徐ろに清むや。
孰か能く安らかにして以て之を動かして、
徐ろに生ずるや。
此の道を保く者は、盈つるを欲せず。
其れ唯だ盈たず、故に能く敝れて新たに成る。
-------------------------------------------------
そのかみの道おさめたる善(うま)し士(びと)は、
奥深き無為の道、奥深く極め悟りて、
その深さそも測り知られず。
かるがゆえ、その容かりそめに描きて示す。
たゆたいて進まぬさまは、冬空に大川を渉るがごと。
ためらいて尻ごむさまは、四方の敵憚るがごと。
いまめしく犯し難きは客人の威儀正せるに似て、
さらさらとこだわりなくは解けそむる春の氷。
飾り気のなさは樸にも似て、
とらわれぬ心は谷間のむなしさ、
世とまじりあいて濁水に似たり。
濁水の濁れるままに、その濁りじっと静めて、
おもむろに澄みゆくがごときは、
その無為を何びとか能くせん。
山あいの谷やすらかにして、静中にまた動あり、
草木のおもむろに生いいずるがごときは、
その無為を何びとか能くせん。
この無為の道、身に抱くものは、
望月の盈ちたることを身に願うことなし。
そも盈ちたるを願うことなし、
かるがゆえ、古びし衣、敝りきれてまた新しく成らる。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第十五章顯徳]
-------------------------------------------------

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.