老子現代現場訳

【老子 第19章】絶聖棄智~素朴に帰ろう

更新日:

聖を絶ち智を棄つれば、民の利は百倍す

素朴に帰れ

純樸を保ち私欲を無くす。
聖智・仁義・巧利を棄て去ることが、
道(タオ)にかえるゆえんである。

道(タオ)は、聖智・仁義・巧利など、
粉飾されたものではなく、素樸なものでなければならぬ。

人間とはこうあるべきだとか、こうあらねばならぬとか、
いままで刷り込まれてきたメモリーをクリアして、
がちっとはまった鋳型をはずそう。
よろいを脱ごう。
素樸になろう。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
絶聖棄智。民利百倍。絶仁棄義。
民復孝慈。絶巧棄利。盗賊無有。
此三者。以為文不足。故令有所屬。
見素抱樸。少私寡欲。
-------------------------------------------------
聖を絶ち智を棄つれば、民の利は百倍し、
仁を絶ち義を棄つれば、民、孝慈に復り、
巧を絶ち利を棄つれば、盗賊有ること無し。
此の三者は、以て文足らずと為す。
故に属する所有らしむ。
素を見わし樸を抱き、私を少なくし欲を寡くす、と。
-------------------------------------------------
為政者が政智のさかしらを無用として、
それを棄ててしまえば、人民はもとの孝慈に立ち返る。
為政者が功利のからくりを無用として、
それを棄ててしまえば、世の中に盗賊など居なくなる。
この三つの文章では無為がまだ主体的に語られていず、
説明が不十分だと考える。だから次の言葉にこれを属げよう。
素(きじ)ごころもあからさまに、あるがままなる己を守り、
私情を抑えて我欲を寡くするのだ、と。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第十九章還淳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.