老子現代現場訳

【老子 第21章】孔徳之容~タオの本質とは

更新日:

孔徳の容、惟れ道に是れ従う

肉体の感覚・知覚によっては捉えることのできない
道(タオ)の姿ありさまを、瞑想によって浮かんだまま
様々に形容し、更にその働きの偉大さを説く。

大徳を具えた人の動静は、
ひたすら道(タオ)のあり方に従うのみである。
道(タオ)は実におぼろげで捉えにくい。
捉えにくくておぼろげではあるが、その中には象が潜む。

おぼろげであり、捉えにくいがその中に物(実体)がある。
影のようで薄暗いがその中に精(ちから)がある。
その精はなによりも純粋で、その中に信(しるし)がある。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
孔徳之容。惟道是從。道之爲物。惟恍惟惚。
惚兮恍兮。其中有象。恍兮惚兮。其中有物。
窈兮冥兮。其中有精。其精甚眞。其中有信。
自古及今。其名不去。以閲衆甫。
吾何以知衆甫之状哉。以此。
-------------------------------------------------
孔徳の容、惟れ道に是れ従う。
道の物たる、惟れ恍、惟れ惚。
惚たり恍たり、其の中に象有り。
恍たり惚たり、其の中に物有り。
窈たり冥たり、其の中に精有り。
其の精甚だ真なり、其の中に信有り。
古より今に及ぶまで、其の名去らず、以て衆甫を閲ぶ。
吾れ何を以て衆甫の状を知るや、これを以てす。
-------------------------------------------------
大いなる徳のある人の容(すがた)は、
ただ道にこそ従っている。
そもそも道という実在は、ただ仄暗く定かならず、
定かならず仄暗い中にも何やら象があり、
仄暗く定かなぬ中にも何ものかが実在している。
奥深く幽かな中に霊妙な精気がこもり、
その精気はこの上なく真実で、その中に創造者としての明証がある。
それは昔から今に至るまで、変わることなく道と呼ばれて、
いうなれば、あまたの族長たちを統べる本家の総領。
族長たちの実状が、どうしてわたしに分かるのかといえば、
それは総領である道によって分かるのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第二十一章虚心]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.