老子現代現場訳

【老子 第22章】曲則全~右から左へ受け流す唄

更新日:

曲なれば即ち全し

「曲全の教え」と称されるこの一句は古語であるが、
これがこの章の本旨であり、柔弱謙下を持することの効用を述べる。

樹木は曲がりくねることによって伐採を免れて天寿を全うする。
しゃくとり虫は屈まることによって身を伸ばす。
土地は窪むことによって水を貯める。
被服は破れれば新調される。

このように、万事を控えめにしておれば目的は達成できるが、
多くを貪ればあれこれ迷うばかりである。

尺蠖之屈。以求信也。龍蛇之蟄。以存身也。
尺蠖の屈するは、以て信びんことを求むるなり。
龍蛇の蟄るるは、以て身を存えるなり。
[易経:繋辞下伝]

尺取虫がからだを縮めるのは、
次にからだをのばして前進しようとするためである。
竜や蛇が冬の間、穴に潜むのはそうすることで、
より長く生き伸びようとしてである。

自分を曲げる(譲る)ことを知らない(できない)人は、
細い路地を車ですれ違うときでもそのまま直進しようとする。
スプーンをもって「マガレ!」

まっすぐに進もうとする人は、鬼の形相で手に汗を握りながら、
ぶつからないようにぶつからないようにと、
気を使いながら緊張して無駄な心身エネルギーを使いながら、
ここでまたひとつストレスを溜め込んでいく。

一方賢い人は、相手車両を見たらできるだけ幅寄せして、静かに止まる。
にこにこしながら、ちょっと一服、余裕のよっちゃん。
スプーンをもって「メシアガレ~」

直線的な生き方より、曲線的な生き方のほうが楽なのである。

かといって、いつもくねくね曲がってばかりいては仕事がはかどらない。
やるときゃ、まっつぐ。仕事キッチリ。

席を譲る人ばかりでは誰も席につけないんだから、
座席確保に、ババアまっしぐらもよいではないか。

道(タオ)を体得した者は、こんな憂き世事には目もくれず、
唯一の道(タオ)をしかと身に守り、世人のお手本となる。

自分の才能をひけらかさないから、かえって才能が明らかになる。
自分の正しさを言い張らないから、かえって正しさが認められる。
自身の功績を自慢しないから、かえって功績が讃えられる。
自身の地位を誇らないから、かえってその地位に長くとどまれる。

このように、道(タオ)を体得した者は常に謙虚で自己を主張せず、
絶対に人と争うことをしない。
だからこそ、敵対する者は誰もいないのである。

不争の徳を身につけ、自我を曲げ、人の下位に居る。
争わないから敵もいない。
争わないから負けることもない。

♪勝ち組負け組みチイパッパ。
勝ってくるぞと板橋区。
買ってカブトのオスメスを。
負けないことが勝つことならば、
これが真の勝利の道♪

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
曲則全。枉則直。窪則盈。
敝則新。少則得。多則惑。
是以聖人。抱一爲天下式。
不自見故明。不自是故彰。
不自伐故有功。不自矜故長。
夫惟不爭。故天下莫能與之爭。
古之所謂曲則全者。豈虚言哉。
誠全而歸之。
-------------------------------------------------
曲なれば則ち全く、枉なれば則ち直く、
窪なれば則ち盈ち、敝るれば則ち新たに、
少なければ則ち得、多ければ則ち惑う。
是を以て聖人は、一を抱いて天下の式と為る。
自ずから見さず、故に明らかなり。
自ずから是とせず、故に彰る。
自ずから伐らず、故に功有り。
自ずから矜らず、故に長し。
夫れ惟だ争わず、故に天下能く之と争う莫し。
古の謂わ所る曲なれば則ち全しとは、豈に虚言ならんや。
誠に全くして之を帰す。
-------------------------------------------------
曲がった木は寿命を全うし、
尺蠖(むし)は身を枉げてこそ伸びもする。
水は流れて凹地にたまり、
衣服は敝り切れてこそ新しくなる。
欲が少なければ心の満足が得られ、
知が多ければ途方にくれる。
だからこそ無為自然の聖人は、
一なる道を守って天下の式となるのだ。
かれ無為自然の聖人は、
己れを誇示しないから、その存在があきらかとなり、
己れを是しとしないから、その善が世にあらわれる。
己れの功を誇らないから、その功が己れのものとなり、
己れのうぬぼれを捨てるから、いつまでも尊敬される。
かれ聖人は絶対に人と争わない。
だから世のなかに敵対するものがいないのだ。
古人は、曲がった木は寿命を全うするといったが、
いかにも人生の真理をいいあてている。
まことに曲がった木となって己れの身を全うし、
全き身を大自然に返上するのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第二十二章益謙]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.