老子現代現場訳

【老子 第25章】有物混成~それを人は『道(タオ)』と呼ぶ

更新日:

物有り混成し、天地に先だちて生ず

仮称:道
道(タオ)――天地に先立つ存在――大いなるもの

万物の根源に存在し、万物を万物たらしめている何かがある。
それは対立を絶したもので、名づけようがない。
しかし確かに実在する。

道は天地に先立って生じ、形体のないものではあるが、
絶対のものであり、普遍のものであり、万物を生むものであり、
人は、この道に則って行動するがよい。

大地があって人は生かされ、大地は天なくして存在しえない。
大地が百穀を生産し人間を養うのも、天が日月星辰を運行させ、
四時夜旦の推移、陰陽風雨の変化がそこに生じるからであって、
天がなければ大地もまた大地として存在しえない。

天は天だけではその存在を完うすることはできず、
天を天としてあらしめるのは、道(タオ)である。

道(タオ)の道(タオ)たる本質は自然にある。

いのちあるものはみないのちのふるさとを出でし、
いつしかいのちのふるさとへと還る。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
有物混成。先天地生。
寂兮寥兮。獨立而不改。周行而不殆。
可以爲天下母。吾不知其名。
字之曰道。強爲之名曰大。
大曰逝。逝曰遠。遠曰反。
故道大。天大。地大。王亦大。
域中有四大。而王居其一焉。
人法地。地法天。天法道。道法自然。
-------------------------------------------------
物有り混成し、天地に先だちて生ず。
寂たり寥たり、独立して改めず、周行して殆れず。
以て天下の母と為すべきも、吾れ其の名を知らず。
之に字して道と曰い、強いて之が名を為して大と曰う。
大なれば曰に逝き、逝けば曰に遠く、遠ければ曰に反る。
故に道は大、天は大、地は大、王も亦た大、
域中に四大有りて、王、其の一に居る。
人は地に法り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然に法る。
-------------------------------------------------
混沌として一つになったエトヴァスが、
天地開闢の以前から存在していた。
それは、ひっそりとして声なく、ぼんやりとして形もなく、
何ものにも依存せず、何ものにも変えられず、
万象にあまねく現れて息むときがない。
それは、この世界を生み出す大いなる母ともいえようが、
わたしには彼女の名前すら分からないのだ。
仮に呼び名を道としておこう。無理に名前をつければ大とでも呼ぼうか。
この大なるものは大なるが故に流れ動き、
流れ動けば遠く遙かなひろがりをもち、
遠く遙かなひろがりをもてば、また、もとの根源に立ち返る。
かくて道は大なるものとよばれるが、
大なるものといえば、天も大であり、地も大であり、帝王もまた大である。
つまり、この世界には四つの大なるものが存在するが、
帝王がそのなかの一つを占めているのだ。
その帝王は人類の支配者として大地の在り方に法ってゆき、
大地はさらに天の在り方に法ってゆく。
そして、道の根本的な在り方は自然ということであるから、
道はただ、自然に法って自在自若である。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第二十五章象元]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.