老子現代現場訳

【老子 第26章】重爲輕根~軽挙妄動への戒め

更新日:

重きは軽きの根たり、静かなるは躁がしきの君たり

軽挙妄動への戒め

草木について考えてみると、根は重く、枝葉は軽い。
すなわち、重いものが軽いものの根となっているのである。

重いものが軽いものの根底・根本となり、
ぢっと静止しているものが、騒々しく動くものの支配者となる。

任侠の親分はどっしり構え、泰然としている。
ケツの軽いちんぴらどもは年がら年中ちょこまか動きまわっている。
親分は鶴の一声で、ちんぴらはギャアギャアとかまびすしい。

すなわち軽挙妄動する者は、
どっしりと慎重に構えるものに最後は抑えられ、
せかせかと動き回る者は、
じっくりと落ち着いている者に結局は支配される。

憂き世の時勢において軽々しく騒々しい者にトップの資格はない。
軽々しく騒々しい者がトップになるとロクなことがない。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
重爲輕根。静爲躁君。
是以聖人。終日行。不離輜重。
雖有栄観。燕處超然。
奈可萬乗之主。而以身輜天下。
輜則失本。躁則失君。
-------------------------------------------------
重きは軽きの根たり、静かなるは躁がしきの君たり。
是を以て聖人は、終日行いて、輜重を離れず、
栄観有りと雖も、燕処して超然たり。
奈可ぞ万乗の主にして、
身を以て天下に軽がろしくせんや。
軽がろしくすれば則ち本を失い、
躁がしければ則ち君を失う。
-------------------------------------------------
重いものは軽いものの根っことなり、
静かなるものは躁がしいものの君となる。
だからこそ無為の聖人は、
終日行軍しても輜重車を手離さず、
美しい眺めがあっても超然として居室にくつろぐ。
どうして帝王たるものが、
天下に対して吾が身を軽がろしく振舞おうぞ。
軽がろしく振舞えば根本である吾が身を失い、
躁がしければ支配者としての地位を失う。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第二十六章重徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.