老子現代現場訳

【老子 第29章】將欲取天下而爲之~無為のすゝめ

投稿日:

将に天下を取らんと欲してこれを為すは、吾れその得ざるを見るのみ

無為のすゝめ
無為の徳を讃え、積極を斥けた教である。

作為的な行為には永続性がない。
さまざまに変化するこの世の事態に対応するには、
自然に振舞い、無心であらねばならない。

天下をとろうとさまざまな策略を弄しても、
結局失敗に終わることを知るだろう。
天下は力ではとれない。
なぜならば、天下は霊妙不可思議なものであって、
人為を用いてこれを如何ともなしえるものではないからである。

取ろうとすれば失敗するし、たとえ取ったとしても、
執着すれば失うというものである。

『あなたの夢はなんですか。』
『目的のない旅はない。』

目的のない人生は地図を持たずに徘徊する愚か者のようだ。
だから、目標を立ててその達成のために努力することはよいことだ。
という、そんな風潮がある。

しかし、そのようにしてあくせくと欲の赴くままに動き回るのは、
その欲が大きければ大きいほど、目標の達成どころか、
逆に滅びへの道となるものだ。

時代の寵児、時代の覇者などともてはやされるも束の間、
舞い上がり、おごりたかぶり、間もなく失墜する者があとをたたない。

人為を用いて事をなそうとすれば、かえって失敗に終わり、
人為を用いて物を執り守ろうとすればかえってこれを失うものである。

すべて世の中の物事というものは、人為を用いてなそうとすれば、
結局自分の意欲と反対の結果を招来するものである。

すべて天下の物は、自分で動くものもあり、他に付き随うものもある。
おだやかなものもあり、激しいものもある。
強いものもあれば、弱いものもある。
突き崩すものもあれば、自ら崩れるものもある。

このように一筋縄でゆくものでないから、なまじいな工作など受け付けない。

人間の意識を用いて人為的になすことは、
裏目にでることが多いものであるから、そこで道(タオ)なる人は、
作為を捨てて自然のままに振舞い、
行き過ぎを捨て、奢りを捨て、驕慢を捨て、
あらゆる人為を用いる積極というものを取り除くのである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
將欲取天下而爲之。吾見其不得巳。
天下神器。不可爲也。
爲者敗之。執者失之。
故物。或行或随。或歔或吹。
或強或羸。或挫或堕。
是以聖人。去甚。去奢。去泰。
-------------------------------------------------
将(まさ)に天下を取らんと欲してこれを為(な)すは、吾れその得ざるを見るのみ。
天下は神器(じんぎ)、為すべからず、執(と)るべからず。
為す者はこれを敗り、執る者はこれを失う。
凡(およ)そ物、或(ある)いは行き或いは随(したが)い、
或いは歔(きょ)し或いは吹(ふ)き、
或いは強く或いは羸(よわ)く、或いは培い或いは隳(こぼ)つ。
ここを以(も)って聖人は、甚(じん)を去り、奢(しゃ)を去り、泰(たい)を去る。
-------------------------------------------------
天下をせしめて、うまくしてやろうと思っても、
わたしには、それが駄目だとわかるのだ。
天下というものは不思議なしろもので、
人間の力ではどうすることもできない。
うまくしてやろうとすれば、それを毀(こわ)してしまい、
手に取ろうとすれば抜け落ちてしまう。
いったい、世の中に存在するものはさまざまで、
自分で歩く者があるかと思えば、
人の尻についてゆく者があり、
フーッと息吐く者があるかと思えば、
パッと息吹く者もある。
あるものは頑丈で、あるものは卑弱く、
あるものは挫折し、あるものは堕落する。
だから無為の聖人は、
度はずれを止め、おごりを去り、たかぶりを棄てて、
対象の自然にそのまま従ってゆくのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第二十九章無爲]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.