老子現代現場訳

【老子 第30章】以道佐人主者~老子の非戦論(戦争論)

投稿日:

道を以って人主を佐くる者は、兵を以って天下に強いず


老子の非戦論(戦争論)

武力は本来道(タオ)にそぐわぬもの。
用いるときにも、最小限に止めておくべきである。
力をたのみとした強引さだけでは、何事も永続しない。

真実の道(タオ)にもとづいて君主の政治を補佐しようとする人は、
武力によって世界を脅かしたりはしない。

そんなことをすれば、しばしば悪い報いがはねかえってくるものだ。
つまり、大きな戦争のあとでは、土地が荒れ必ず凶作の年が続く。

道(タオ)に従う優れた人は、勝利をおさめたらそれでやめる。
さらに進んで無理に相手を脅かそうとしたりはしない。
勝利をおさめても、それを誇って尊大にかまえたりすることがなく、
勝利をおさめても、それを鼻にかけて自慢したりすることがなく、
勝利をおさめても、それで傲慢になることがなく、
勝利をおさめても、それをやむをえないことであったとする。

それこそ、勝利をおさめても、
さらに無理な脅しをかけたりしないということなのだ。

すべて張りつめた若くて壮んなものは、
無理をするから早く老い、衰える。
このような強壮のみにたよる不自然なことを、
道(タオ)にそむく、という。
道(タオ)にそむけば、早く滅びる。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
以道佐人主者。不以兵強天下。
其事好還。
師之所處。荊棘生焉。
大軍之後。必有凶年。
善者果而已。不敢以取強。
果而勿矜。果而勿伐。果而勿驕。
果而不得已。果而勿強。
物壮則老。
是謂府道。不道早已。
-------------------------------------------------
道(タオ)を以(も)って人主(じんしゅ)を佐(たす)くる者は、兵を以って天下に強いず。
その事は還(かえ)るを好む。師の処(お)る所は、荊棘(けいきょく)焉(ここ)に生じ、大軍の後は、必ず凶年(きょうねん)あり。
善くする者は果たして已(や)む。以って強いるを取らず。
果たして矜(ほこ)ることなく、果たして伐(ほこ)ることなく、
果たして驕(おご)ることなく、果たして已むを得ずとす。
これを果たして強いるなしと謂(い)う。
物は壮(さかん)なればすなわち老ゆ。
これを不道と謂う。不道は早く已む。
-------------------------------------------------
無為自然の道で君主を補佐しようとする者は、
武力で天下に強大ならしめようとはせず、
その政治は根本の道に立ち返ろうとする。
それというのも軍隊の駐屯地には、
荊棘(けいきょく)が生えて田畑は荒れ果て、
大きな戦争の後には、
かならずや飢饉がやってくるからだ。
善い政治とは、果実(このみ)の熟れるように、
全く無為にして成るもの、
無理をして国の強大など求めないのだ。
無為にして成して誇ら顔をせず、
無為にして成して手がら顔をせず、
無為にして成して思い上がらない。
無為にして成して已(や)むを得ぬ必然の道理に従ってゆき、
無為にして成して強大を求めない。
物はすべて威勢がよすぎると、やがてその衰えがくる。
これを不自然なふるまいという。
不自然なふるまいは、すぐに行きづまるのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第三十章儉武]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.