老子現代現場訳

【老子 第31章】夫佳兵者~戦争に勝っても負けても悲しい

投稿日:

夫れ兵は不祥の器、物或いはこれを悪む

いくさは

ひとごろし

いがいの

なにものでもない。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
夫佳兵者。不祥之器。物或惡之。
故有道者不處。
君子居則貴左。用兵則貴右。
兵者。不祥之器。非君子之器。
不得已而用之。恬淡爲上。勝而不美。
而美之者。是樂殺人。
夫樂殺人者。則不可以得志於天下矣。
吉事尚右。凶事尚右。
偏將軍居左。上將軍居右。
言以喪禮處之。
殺人之衆。以哀悲泣之。
戦勝以喪禮處之。
-------------------------------------------------
夫(そ)れ兵は不祥(ふしょう)の器、
物或(ある)いはこれを悪(にく)む、
故(ゆえ)に有道者(ゆうどうしゃ)は処(お)らず。
君子、居れば則(すなわ)ち左(さ)を貴(たっと)び、兵を用うれば則ち右を貴ぶ。
兵は不祥の器にして、君子の器にあらず。
已(や)むを得ずしてこれを用うれば、恬惔(てんたん)なるを上なす。
勝ちて而(しか)も美ならず、而るにこれを美とする者は、これ人を殺すを楽しむなり。
夫れ人を殺すを楽しむ者は、則ち以(も)って志を天下に得べからず。
吉事には左を尚(たっと)び、凶事には右を尚ぶ。
偏将軍(へんしょうぐん)は左に居り、上将軍(じょうしょうぐん)は右に居る。
喪礼(そうれい)を以ってこれに処るを言うなり。
人を殺すことの衆(おお)きには、悲哀を以ってこれを泣き、
戦い勝てば、喪礼(もれい)を以ってこれに処(お)る。
-------------------------------------------------
いったい武器というものは不吉なしろもので、
誰もが常に嫌がるものである。
だから有道者は、そこに身をおかないのだ。
平常の生活では左を貴ぶ君子人たちも、
武器を使うとなると右を貴ぶのもこのためである。

武器というものは不吉なしろもので、
君子の手にすべきものではない。
どうしても使わねばならぬときには、
無欲恬淡であるのが最上で、
勝利を収めても、それを賛美しないのだ。
もし勝利を賛美するならば、
それこそ人殺しを楽しむというものだ。
いったい人殺しを楽しむようでは
志を天下に得ることなどできないのだ。

一般に祝儀の場合には左を貴ぶが、
不祝儀の場合には右を貴ぶ。
軍隊では将軍が左側に位置し、
上将軍が右側に位置するが、
戦争を葬式なみに扱うという意味だ。
大勢の人間を殺戮するから、
悲しみをこめて戦場にのぞみ、
勝利が得られても葬式なみに対処してゆくのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第三十一章偃武]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.