老子現代現場訳

【老子 第32章】道常無名~樸という生き方

投稿日:

道(タオ)は常に無名の樸なり

樸(あらき)は君主となれるが
器(うつわ)は臣下にしかなれない

樸(あらき)のように、無限のエネルギーを持ちながら、
自分から動こうとしない何かを、
仮に道(タオ)と名づけよう。

『大は少を兼ぬと雖(いえど)も杓文字は耳掻きの用を為さず』
(大は小を兼ねる、というけれども、しゃもじは耳掻きにはならない。)

しゃもじのように生きていれば必ず成功し、
人ともうまくやっていけて、幸福な人生が過ごせる。
だから、耳掻きになるよりしゃもじになれ。

これが憂き世人のいうことだ。

これを″座右の銘″とか″金科玉条″とか″モットー”などと言う。
ところがこのようなモットーとか金科玉条は、
時と場所と状況によって役に立たないどころか、
正反対のカを発して有害になる場合さえあるのだ。
それは、このしゃもじと同じ。

我々がしゃもじになろうとすれば、
人間的にしゃもじとしてしか役に立たない。

しゃもじはしゃもじの役にしか立たない。
自分が樸(あらき)であれば、これから何らかの役に立つだろう。

「しゃもじになってくれ」と言われればしゃもじになる。
しゃもじのお役目を努めていて、そのうちに環境が変わり、
またある人が「耳掻きになってくれ」と言われたら、今度は耳掻きになれる。

これが道(タオ)を体得した者の在り方なのである。

ところが、このようなことをしていると
「あいつは何を考えているのかよく分からん」とか
「ひょいひょい信条が変わっている」と言って訝しげに思う人がいる。

しかし道(タオ)の人には信条などないのだ。
樸というものはなんにでもなれる。
だからこそ人の上に立ち、社会をリードしていくことができる。

樸の反対は器。

この競争の社会、自分が他人より抜き出ていこうと努力している社会で、
その地位に停滞していたければ器になればよい。

よりよき向上、それが精神的意味であれ、物質的意味であれ、
他人より上に行きたいと思うなら、器の思想を捨てて、
樸の思想にならなければならない。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
道常無名。
樸雖小。天下莫能臣也。
候王若能守之。萬物將自賓。
天地相合以降甘露。
民莫之令而自均。始制有名。
名亦既有。夫亦將知止。
知止所以不殆。
譬道之在天下。猶川谷之於江海。
-------------------------------------------------
道(タオ)は常に無名の樸(ぼく)なり。
小なりと雖(いえど)も、天下に能(よ)く臣とするもの莫(な)きなり。
侯王(こうおう)若(も)し能くこれを守らば、
万物は将(まさ)に自ら賓(ひん)せんとす。
天地は相い合(がっ)して、以(も)って甘露(かんろ)を降し、
民はこれに令する莫くして、自ら均(ひと)し。始めて制して名有り。
名亦た既に有れば、それ亦た将(まさ)に止まることを知らんとす。
止まることを知るは殆(あや)うからざる所以(ゆえん)なり。
道の天下に在(お)けるを譬(たと)うれば、
猶(な)お川谷(せんこく)の江海(こうかい)に於(お)けるがごとし。
-------------------------------------------------
道の変わらぬ在り方は無名であり、
名(ことば)を超えている。
樸(ぼく)は小さくても無名の自然を全うし、
誰もそれを道具とすることはできない。
もしも王侯が樸のこの自然を全うするするならば、
万物はおのずから彼に帰服するであろう。
天と地は和合して甘露をふらせ、
人民は命令するまでもなく自然に治まるであろう。
樸が一たび制(き)られると、
そこに名をもつさまざまな器物が生じるが、
名をもつものの限界を弁(わきま)えてゆくのだ。
その限界を弁えれば、何事も危なげがない。
道のある人の天下を治めるのは、
たとえてみれば川や谷川の水が、
おのずからにして大河や大海に注ぎこむようなもので、
天下の万物がおのずから彼に帰服する。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第三十二章聖徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.