老子現代現場訳

【老子 第33章】知人者知~己れを知り己れに勝て

投稿日:

人を知る者は智、自ら知る者は明なり

欲望を抑えるには、まず自分の限界を知る。

足るを知るためには、まず己れを知らなければならない。
足るを知ったら、己れに勝つことが必要である。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
知人者知。自知者明。
勝人者有力。自勝者強。
知足者富。強行者有志。
不失其所者久。死而不亡者壽。
-------------------------------------------------
人を知る者は智、自ら知る者は明(めい)なり。
人に勝つ者は力有り、自ら勝つ者は強し。
足るを知る者は富み、強(つと)めて行なう者は志(こころざし)有り。
その所を失わざる者は久し。
死して而(しか)も亡びざる者は寿(いのちなが)し。
-------------------------------------------------
他人を知るものは智者であるが、
己れを知るものは明者である。
他人に勝つものは力をもつが、
己れに勝つものは真の強者である。
己れに足ることを知るものは富み、
道に努め励むものは向上心をもつ。
己れにふさわしい在り方を失わなわぬものは永つづきがし、
死んでも朽ち果てないのを永遠に生きるという。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第三十三章辯徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.