老子現代現場訳

【老子 第34章】大道汎兮其可左右~自己イメージのない人の偉大さ

投稿日:

大道は汎として、それ左右すべし

道(タオ)は無欲無心であるからこそ偉大である。

道(タオ)を心得た人は功を以て功と考えないから、
真の偉大さが出来る。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
大道汎兮其可左右。
萬物恃之而生而不辭。
功成不名有。衣養萬物辭不爲主。
常無欲。可名於小。
萬物歸焉而不爲主。可名爲大。
以其終不自爲大。故能成其大。
-------------------------------------------------
大道は汎(はん)として、それ左右すべし。
万物これを恃(たの)みて生ずるも、而(しか)も辞(ことば)せず。
功成るも而も名を有(たも)たず。
万物を愛養(あいよう)するも、而も主と為(な)らず。
常に無欲なれば、小(しょう)と名づくべし。
万物これに帰するも、而も主と為らざれば、大(だい)と名づくべし。
ここを以(も)って聖人は、終(つい)に自ら大とせず、
故(ゆえ)に能(よ)くその大を成(な)す。
-------------------------------------------------
大道はゆらゆらとして一所に釘づけされず、
左へも右へも自由自在である。
万物はこの道によって生じるが、道は黙して一言も語らず、
偉大な造化の功が成就しても、その功名を吾がものとせず、
万物をはぐくみ育てながら、その主宰者を気どらない。
常に無欲で何物もないという点では少とよぶことができるが、
万物がそこに帰一して主宰者を気どらない包容力は、
大とよぶことができる。
しかも、道は自分で自分を大として意識することがないから、
その大が本当の大であり得るのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第三十四章任成]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.