老子現代現場訳

【老子 第38章】上徳不徳~真の徳とは

投稿日:

上徳は徳とせず、ここを以って徳あり。

作為策略がなく、言動に思いを込めハートで生きている人、為した行いによって何かのためにする利用心のない人を上徳とし、その反対の者、なんでも自分の思い通りにしたい、言動すべてに作為策略があり人を利用して己れのための益とするような者を下徳とする。

徳ってなあに?
徳は得、三個買えば一個オマケ、お買い得の得。

この弱貧強富の世の中で生きていくのは大変だ。
自分が得するにはどうしたらいいか、それは与えることから始めよ。
損して得とれ、損か得か二宮損得。
人に与えよう、隣人を愛そう、親切にしませう、ああしようこうしよう、ドウトクの時間。
憂き世のドウトクは自分が得するための胴得。
有為の教え。

道(タオ)の徳は、作為を捨てる、無為の教え。

道(タオ)を失ってしまったから、ドウトクの時間などが必要になり、仁だ義だ礼だと次から次へと繰り出すコトバの数々。礼だ知だとこうるさい者に限って騒乱の元をつくりだす。

んまあ近頃の若い女はなってないわねばかだわね、畳のヘリはふんじゃいけないのよッ、スイカの種をだすときゃ手を筒状にしてそん中に入れるのよッ、だから世の中おかしくなんのよ、礼儀もしらないばかものめがッ。

なんてね。

徒花に実は生らぬ。愚かなり。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
上徳不徳。是以有徳。
下徳不失徳。是以無徳。
上徳無爲。而無以爲。
下徳爲之。而有以爲。
上仁爲之。而無以爲。
上義爲之。而有以爲。
上禮爲之。而莫之應。
則攘臂而*扔之。
故失道而後徳。失徳而後仁。
失仁而後義。失義而後禮。
夫禮者。忠信之薄。而亂之首。
前識者。道之華。而愚之始。
是以大丈夫。處其厚。不居其薄。
處其実。不居其華。
故去彼取此。
-------------------------------------------------
上徳(じょうとく)は徳とせず、ここを以(も)って徳あり。
下徳(かとく)は徳を失わざらんとす、ここを以って徳なし。
上徳は無為にして、而(しか)して以って為にする無し。
下徳はこれを為して、而して以って為にする有り。
上仁(じょうじん)はこれを為して、而して以って為にする無し。
上義(じょうぎ)はこれを為して、而して以って為にする有り。
上礼(じょうれい)はこれを為して、而してこれに応ずる莫(な)ければ、則(すなわ)ち臂(うで)を攘(はら)ってこれを扔(ひ)く。
故に道を失いて而して後に徳あり。
徳を失いて而して後に仁あり。
仁を失いて而して後に義あり。
義を失いて而して後に礼あり。
それ礼なる者は、忠信の薄きにして、而して乱の首(はじめ)なり。
前識(ぜんしき)なる者は、道の華にして、而して愚の始めなり。
ここを以って大丈夫(だいじょうぶ)は、その厚きに処(お)りてその薄きに居らず。
その実に処りてその華に居らず。
故に彼れを去りて此れを取(と)る。

-------------------------------------------------
最上の徳は己れの徳を意識しない。だから徳があるのだ。
低級な徳は己れの徳にしがみつく。だから徳がないのだ。
最上の徳は無為であり、わざとらしいところがない。
低級な徳は有為であり、わざとらしいところがある。
最上の仁は有為であり、わざとらしいところがない。
最上の義は有為であり、わざとらしいところがある。
最上の礼は有為であり、その礼に応えないと、
腕まくりして詰め寄ってゆく。
だからこういう言葉がある。
無為自然の道が廃れると、無為自然の徳が説かれ、
無為自然の徳が廃れると、人為的な仁の道徳が説かれ、
人為的な仁の道徳が廃れると、人為的な義の道徳が説かれ、
人為的な義の道徳が廃れると、人為的な礼の道徳が説かれるのだ、と。
この言葉からも知られるように、
いったい礼の道徳というものは、
人間の忠信(まごころ)の薄くなったもので、
世の乱れの始まりである。
ものごとを予見するさかしらの知識というものは、
道の実なきあだ華のようなもので、
人間を愚劣にする始まりである。
だから大丈夫たるものは、
厚い方に居て薄い方には居らず、
実のある方に居て、あだ華の方には居ないのだ。
だから、あちらの礼と知とを捨てて、こちらの道を取るのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第三十八章論徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.