老子現代現場訳

【老子 第40章】反者道之動~有は無より生ず

投稿日:

反は道の動、弱は道の用


反(根源への復帰)は道(タオ)の原理である。
やさしさ、感謝、思いやり、おだやか、しなかや、たおやか、控えめ、柔弱こそ道(タオ)の働きである。

憂き世でいう強は、実は弱いものであり、憂き世でいう弱(剛を制す柔)こそほんとうの強たり得るのである。

すべてのものは、カタチなき実在するものより生まれ出て、実在するものは道(タオ)に由来する。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
反者道之動。弱者道之用。
天下萬物生於有。有生於無。
-------------------------------------------------
反は道の動、弱は道の用。
天下の万物は有より生じ、有は無より生ず。
-------------------------------------------------
根源に立ち返るということが道のいとなみであり、
柔弱ということが道のはたらきである。
この世界の万象は、「有」すなわち天地陰陽の気から生じ、
その「有」はまた「無」すなわち形無き道から生じる。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十章去用]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.