老子現代現場訳

【老子 第42章】道生一~かっぱぎゲームの末路

投稿日:

道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。


『無』である道(タオ)から生じた『有』を「一」とする。
この「一」は易でいうところの太極。
『太極、両儀を生じ』、即ち陰陽「ニ」を生じる。
陰陽、相和合するところのフォースを「三」とする。
この「三」が万物を生じる。
万物は陰とも陽ともつかない混沌とした冲氣が調和、和合して生じたものである。

このようにして、陰と陽という一見相反するものが調和して和合しているときにこそはじめてその働きをなす、陰と陽の存在意義がそこにある。

ひとの分まで奪い取ってかっぱいてお山を築いたとていつしか平地になる。
損した人がいるから儲かる人がいるゼロサムゲーム。
奪い奪われる果てしない無限ループのかっぱぎゲーム。
過剰に多くを得ようとすれば必ずそこに無理が生じいつしか損をするだろう。

失うこと、減ること、損することを不幸と考えている憂世の人々は、かっぱぐことしか考えない。
失うまい失うまいとしてかえって失う。

そもそも同じ道(タオ)から生じた天地一切万物に上下、貴賤の差別はありえない。

貴き人は柔和で謙虚、へりくだりながら下のもの、弱いもの、貧しいものを価値のないものとしてみていない。
奪おうとしない、失うこと、減ること、損することに心を奪われない。
与えることに心を配り、自分のお役目を自覚している。
強がったり、偉ぶったり、金持ちぶったりしない。
だからこそ貴いポジションをキープしているのである。

いにしえの戒めにもあるではないか。
力にまかせて無理押しをする乱暴者、凶暴な者はロクな死に方をしない。と。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
道生一。一生二。二生三。三生萬物。
萬物負陰而抱陽。冲氣以爲和。
人之所惡。唯孤寡不穀。而王公以爲稱。
故物或損之而益。或益之而損。
人之所教。我亦教之。
強梁者不得其死。吾將以爲教父。
-------------------------------------------------
道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。
万物は陰を負いて陽を抱き、沖気(ちゅうき)以(も)って和を為す。
人の悪(にく)む所は、唯(た)だ孤(こ)・寡(か)・不轂(ふこく)なるも、
而(しか)も王公は以って称と為す。
故に物は或いはこれを損じて益し、或いはこれを益して損ず。
人の教うる所、我も亦(ま)たこれを教えん。
強梁(きょうりょう)なる者はその死を得ず。
吾れ将に以って教えの父と為さんとす。
-------------------------------------------------
道が「一」すなわち一気を生じ、
一気が分かれて「二」すなわち陰陽の二気となり、
陰陽の二気が交合して、陰陽の二気とともに「三」とよばれ冲和の気となり、
その三とよばれる冲和の気が万物を生ずる。
したがって万物はそれぞれに陰の気を背負い、陽の気を抱えこみ、
冲和の気によって調和を保っているのである。

世間一般の人々が嫌がることといえば、
それこそ孤(みなしご)となることであり、寡(ひとりもの)になること、他人の不穀(しもべ)となることである。
ところが尊貴の地位にある王公は、却ってこれらの言葉を自称として使っている。
このことからも知られるように、すべて物ごとは、
いつでも減らせば却って益し、益せば却って減るものである。
世間一般の人々が誡めとして教えることは、わたしもまた誡めとして教えてゆきたい。
力で押してゆく剛強な人は、まともな死に方ができないという世の誡めがあるが、
わたしはこの教え――剛強を却ける柔弱の処世――を教えの根本にしたいと思う。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十二章道化]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.