老子現代現場訳

【老子 第43章】天下之至柔~柔弱ハ不定形ナリ

投稿日:

柔弱不定形


水はあらゆる状況に応じてカタチを変えながら、蒸発、拡散、凝集、循環し、あらゆるところに存在する。
枠にはまっているようで枠にはまらない。

最も柔らかく弱弱しく見える水も、時として頑強堅固なものをも制御する。

カタチに囚われない、たおやかで、したたかな水に学び、水のように生きる。

水のようにしなやかに生きる道(タオ)の人は、
ことさらなことをしなくても、黙して語らずとも、コトバ少なでも、『わからる人にはわかる』。
訥弁のワンフレーズワンワードのなかに、ぎゅっと実がつまっている。

思いが込められているからコトバが重い。
それが人々ココロの中に蒔かれた種のように、やがて発芽して実を結ぶ。
人々は知らず知らずのうちに感化されていく。

だけど道(タオ)の人は、大衆を感化しようなどとは思ってもいない。
名を残そうともしない。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
天下之至柔。馳騁天下之至堅。無有入無間。
吾是以知無爲之有益。
不言之教。無爲之益。天下希及之。
-------------------------------------------------
天下の至柔(しじゅう)は、天下の至堅(しけん)を馳騁(ちてい)す。
有る無きものは、間(すきま)無きに入る。
吾れここを以(も)って無為の益あることを知る。
不言の教(おしえ)、無為の益は、天下これに及ぶもの希(まれ)なり。

-------------------------------------------------
世の中でこの上なく柔(しなや)かなもの、すなわち水は、
世の中でこの上なく堅いもの、すなわち金石をも思いのままに動かし、
己れの定形をもたぬもの、すなわち水は、
どんな隙間のないところでも自由にしのびこむ。
だからわたしは、柔かで、形にとらわれぬ生き方――無為の処世の有益さを知るのだ。
言(ものい)わぬ教えと作為なき在り方の有益さは、世の中でこの水に及ぶものはない。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十三章偏用]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.