老子現代現場訳

【老子 第44章】名與身孰親~足るを知る者は他人を利用しない

投稿日:

名と身と孰れか親しき、身と貨と孰れか多れる


カネも名誉も『命あっての物種』
こんなあたりまえのことをどうして人は忘れてしまうのだろう。

カネは使って(出して)こそ価値があるものだが、貯め込んむばかりで使う(出す)ことを知らない人は不幸である。

腹は満月、ココロは三日月。
カネに執着している。
カネに囚われている。

こういう人は、人を使う(雇う)ときもなるべくケチる。
足もとをみてケチる。
カネは持っているから腹はふくれているだろうが、ココロは貧乏なのである。
口には出さぬが、雇うほうがエラいと勘違いしている。

人よりエラくなりたい思いが強いからそれに執着する。

カネもモノも出し惜しみする。
人に何かをあげるときはいつも不要なモノ残りモノばかりで、お茶一杯、コーヒー一杯出すときだってココロがこもっていない。
ココロがこもってない、というよりもともと出せるココロがなくてEmpty。
よんどころなし。

足る足る満ちる、足るを知る人。
やんごとなし。

『足るを知る』『止まるを知る』人は、安らかな人生を送ることができる。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
名與身孰親。身與貨孰多。得與亡孰病。
是故甚愛必大費。多蔵必厚亡。
知足不辱。知止不殆。可以長久。
-------------------------------------------------
名と身と孰(いず)れか親しき、身と貨と孰れか多(まさ)れる。
得ると亡(うしな)うと孰れか病(うれい)ある。
この故(ゆえ)に甚(はなは)だ愛(おし)めば必ず大いに費(つい)え、
多く蔵(ぞう)すれば必ず厚く亡う。
足るを知れば辱(はずか)しめられず、止(とど)まるを知れば殆(あや)うからず。
以(も)って長久なるべし。
-------------------------------------------------
名声と生命(いのち)とは、どちらが切実であろうか。
生命と財貨とは、どちらが大切であろうか。
わがものにするのと失くするのとは、どちらが苦痛であろうか。
だから、ひどく外物(がいぶつ)に執着すれば、すっかり生命をすりへらす羽目となり、
しこたま貯めこむと、ごっそり持ってゆかれること必定。
満足することを知れば、辱めをうけることもなく、
ふみ止まることを知れば、危うい目にあうこともない。
いつまでもやすらかでいられるのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十四章立戒]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.