老子現代現場訳

【老子 第45章】大成若缺~自分、不器用ですから

投稿日:

大成は欠くるが若く、その用は弊れず

古い奴だとお思いでしょうが、古い奴ほど新しい物を欲しがるもんでございます。
何処に新しい物がございましょう。
生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。

何から何まで真っ暗闇よ。スジの通らぬことばかり。
右を向いても左を見ても、莫迦と阿呆の絡み合い。
どこに男の夢がある……


[鶴田浩二:傷だらけの人生]

一本スジが通っておる者は滅多に騒がない。
無骨で朴訥で無口で静かにしている。
青い静けさを保っている。

そういう者こそ世の中のねじくれを正していくものなのだ。

自分、不器用ですから。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
大成若缺。其用不弊。
大盈若冲。其用不窮。
大直若屈。大功若拙。大辯若訥。
躁勝寒。静勝熱。
清靜爲天下正。
-------------------------------------------------
大成(たいせい)は欠くるが若(ごと)く、その用は弊(すた)れず。
大盈(たいえい)は沖(むな)しきが若く、その用は窮(きわ)まらず。
大直(たいちょく)は屈(くっ)するが若く、大功(たいこう)は拙(つた)なきが若く、大弁(たいべん)は訥(とつ)なるが若し。
躁(そう)は寒(かん)に勝ち、静は熱(ねつ)に勝つ。
清静(せいせい)は天下の正(せい)たり。
-------------------------------------------------
いくら使ってもくたびれがこない
本当に充実しているものは、一見、無内容に見えるが、
いくら使っても無限の功用をもつ。
真の意味で真っ直ぐなものは却って曲がりくねって見え、
本当の上手は却って下手くそに見え、
本当の雄弁は却って訥弁に見える。
動きまわれば寒さがしのげ。
じっとしていれば暑さがしのげるとか、
清静無為であれば天下の正(おさ)となるのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十五章洪徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.