老子現代現場訳

【老子 第46章】天下有道~生きてるだけでありがたい

投稿日:

天下に道有れば、走馬を却けて以って糞し

自分の思い通りにならないと気のすまない人。
『おれが正しい、あたしが正しい』の人。
他者をコントロールしようとする人。
ないものねだりの人。
自分で騒乱の種を撒き散らしておいて他人のせいにする人。

こういう人は、満足を知ることがない。
相対差別の世界で生きるから、自分が幸せであるためには他人が不幸でなければならない。
自分が不幸であるのは他人のせいだとする。
自分の正しさを主張するには、相手を貶めなければならない。
相手を貶めることによってしか自分の正しさを主張できない。

他人も、そして自分も信じていない。
自分を信じられないから自信がない。
真理より、無常の人間に依存する。
自分の見たいように他人を見る。
だから、やさしくしてくれる人、自分を理解してくれる人、自分の思い通りになる人を好む。
思い通りにならないと癇癪を起こす。

過去に拘り、過去に囚われ、過去を引きずり、記憶の世界に翻弄される。
そして、まだ来ぬ現実未来にさえ期待し不安を持ち翻弄される。

心ここに在らず。
今、この瞬間瞬間に生きていない。

メシを喰いながらも過去に未来に、そして、あんちきしょう、こんちきしょうに思いが飛ぶからメシの味などわからない。

限りない欲望に振り廻されている。
だからいつも不満でイライラしている。
愚痴、悪口、不満、怨みごとを吐きまくる。
そして止まるところを知らない。

雨が降ると傘のありがたさがわかるけど、雨がやんだら傘のありがたさを忘れる人。

ココロに『ありがたい』がないから、いつも不満、不安、不信、不幸。

こういう人こそが、じつは戦争という愚かしいことの遠因になっている。
こういう人の周りはいつも騒乱が起きている。

不満足が最大の禍い。
ココロの貧しさゆえにむさぼることが最大の過ち。

幸せは自分だけが感じるもの。
自分の幸せを人に押し付けたり、奪ったり、自分の幸せのために他人を利用しちゃあいけないよ。

『足るを知る』人は、いつもココロが満たされていて不足感がない。
すぐにさめるような一時的な満足ではないから不幸のなりようがない。

今、この瞬間瞬間に生きることが豊かなこと。
欲望をなくせとか、人格者になれとかいうことではない。
限りない欲望列車をどこで停車させるか、
感情の暴走トラックをどこで止めるかが問題なのだ。

人はみな
喰って
垂れて
息してる

生きてることが
ありがたい

生きているだけで
ありがたい

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
天下有道。却走馬以糞。
天下無道。戎馬生於郊。
禍莫大於不知足。咎莫大於欲得。
故知足之足。常足矣。
-------------------------------------------------
天下に道有れば、走馬を却(しりぞ)けて以(も)って糞(ふん)し、
天下に道無なければ、戎馬(じゅうば)郊(こう)に生ず。
罪は欲すべきより大なるは莫(な)く、禍(わざわ)いは足るを知らざるより大なるは莫く、咎(とが)は得るを欲するより惨(いたま)しきは莫し。
故に足るを知るの足るは、常に足る。
-------------------------------------------------
無為の道、天下に行われれば、
走馬(はやうま)も民の手にさげ渡されて田野には耕作のいとなみ。
無為の道、天下に失われれば、
牝馬も召しあげられて田野には軍馬のお産。
災禍(わざわい)は君主の飽くなき欲望が最大で、
咎(つみ)は物欲ほど大きなものはない。
だから結論をいえばこうだ。
足ることを知ることの豊かさは、
いかなる時も常に満ち足りている、と。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十六章儉欲]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.