老子現代現場訳

【老子 第48章】爲學日益~『為るものは為る』の法則

更新日:

無為の徳

アタマで生きている人は知識を得て多くのものを身につけるけれども、道(タオ)から、だんだん遠ざかっていく。

ハートで生きている人は、難しい話題にはついていけないけれど、道(タオ)にどんどんどんどん近づいていく。

『無為』とは、余剰物、余計なものをことごとく削ぎ落とし捨て尽くしていったその先にある無知無欲の境地。

何かにしがみついている、依存している、拘っている、何かに囚われているとしたら、決して無為の人にはなれない。

何かにしがみついている、依存している、拘っている、何かに囚われている人は、アタマで生きている。記憶の中で生きている。
ハートで生きていない。

ことさら余計なことをしなければ、為るものは為る。
為らないものは、はじめから為らぬもの。

無為にして為さざるは為し。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
爲學日益。爲道日損。
損之又損。以至於無爲。
無爲而無不爲。
取天下。常以無事。
及其有事。不足以取天下。
-------------------------------------------------
学を為(な)せば日々に益(ま)し、道を為せば日々に損(そん)す。
これを損して又(ま)た損し、以(も)って無為(むい)に至る。
無為にして為さざるは無し。
天下を取るは、常に無事を以ってす。
その事有るに及びては、以って天下を取るに足らず。
-------------------------------------------------
学問を修めると日に日に知識が益すが、
無為の道を修めると日に日に無欲となる。
欲を損(へ)らした上にもさらに損らしてゆけば、
かくて無為の境地に到達し、
無為の境地にいて、一切を為しとげてゆく。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十八章忘知]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.