老子現代現場訳

【老子 第49章】聖人無常心~そのまま・このまま・あほのまま

更新日:

聖人は常に心無く、百姓の心を以って心と為す

民の心を心とする

『政治は民の心を心とせよ』
為政者に限らず、経営者、組織のトップに通じるコトバ。

道(タオ)に通じる人は、ある特定の考えに固執することがない。

自我による分別を棄て差別をせず道(タオ)と一つになった立場で世界をみつめ、見止める。
凝り固まった観念で世界を観るのではなく受容包容し、清濁併せ呑む。

憂き世に生きる人から見ると、とらえどころのない人のように見える。

よくいえば変幻自在、臨機応変。
わるくいえば、朝令暮改、朝立暮廃。

ハンドルに遊びがあるように、ココロにもあそびがあるのがよい。

憂き世の人は、人情があるとか、一貫性があるとか、筋が通っているとか、そんなことに拘るんだけれど、それって頑固なラーメン屋のおやじがラーメンの汁に拘って客の嗜好、時代の志向など関係なく自己満足に徹しすぎて店がつぶれるようなもの。

大衆のココロがつかめなければ、商売が上手くいくわけがない。

そんな、筋が通っていればとか、一貫性があるからとか、人情があるからということで人間の価値が決まるわけではない。

自分の考えに囚われ、自分で自分の首を絞めて苦しみもがいていながらも、それでいて誰もわかっちゃくれないとか、社会が悪いとか、あいつが悪いとかこいつが悪いとかいいながら、誰もあたしをわかっちゃくれないと今日もまた怨み節をうなる。

道(タオ)に通じる人は、スキップしながら今日もまた
ぎんぎんぎらぎら歌います。

♪ぎんぎんぎらぎら ゆうひがしずむ
ぎんぎんぎらぎら ひがしずむ
まっかっかっか そらのくも
みんなのおかおも まっかっか
ぎんぎんぎらぎら ひがしずむ♪

あるがまま
ありのまま
アホのまま

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
聖人無常心。以百姓心爲心。
善者吾善之。不善者吾亦善之。徳善。
信者吾信之。不信者吾亦信之。徳信。
聖人在天下。歙歙爲天下渾其心。
百姓皆注其耳目。聖人皆孩之。
-------------------------------------------------
聖人は常に心無く、百姓(ひゃくせい)の心を以(も)って心と為(な)す。
善なる者は吾れこれを善しとし、不善なる者も吾れまたこれを善しとして、善を徳(う)。
信なる者は吾れこれを信じ、不信なる者も吾れまたこれを信じて、信を徳(う)。
聖人の天下に在るや、歙歙(きゅうきゅう)たり、天下の為(おさ)むるや渾々(こんこん)たり。
百姓は皆その耳目(じもく)を注ぐも、聖人は皆これを孩(と)ざす。
-------------------------------------------------
聖人には一定不変の心というものはなく、
万民の心を己れの心とする。
聖人は、善人をも吾れは善しとして受け入れ、
不善人をも吾れは善しとして受け入れるというが、
これは聖人の徳が本当の善だからである。
信ある人をも吾は信ある人として受け入れるというが、
これは聖人の徳が本当の信をそなえているからである。
聖人が天下にのぞむ場合には、
とらわれなき気持ちで天下のために己れの心を混沌(カオース)にし、
万民がみな目をむけ耳をそばだてても、
聖人はみな彼らを嬰児のように無知無欲にする。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四十九章任徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.