老子現代現場訳

【老子 第50章】出生入死~必死になってリラックスする人たち

更新日:

生に出でて死に入る

生きとし生けるものは生まれた瞬間から死に向かうが運命である。
人間が生まれると生まれてから死ぬまで様々なドラマも生まれる。

死生のタイプを大きく三つに分けることができようか。

ひとつは、寿命を全うし生き延びるタイプ。
こういう人にまずこだわりがない、柔弱でココロもやわらか、そして素直。
必死さなどないから物事はおもったように進み勝ち負けなどに拘わらずとも勝利必至。

ふたつめは、自ら寿命を縮め死に急ぐタイプ。
勝てないことがわかっていても戦いを挑むような人。
敵などどこにもいないのに、戦ってないと気持ちが落ち着かないのか、いつも揉め事が起きている(起こしている)
生きることは戦いだ、などと思っているから攻撃の対象を潜在的に求めてさまよい歩く。
毒を撒き散らしているこの人の半径5km圏内には誰も近寄らない。なかには親切に解毒剤を与えようとする人もいるが暴れるので手がつけられない。
結局自分の出した毒ガスを吸って、苦しみもがきながら死に急ぐ。

問題はみっつめのタイプ。
生きようとあせってかえって死地に飛び込む人。
ハートではなくアタマで生きている。
いつも作為策略をめぐらしていかに生き延びるかを考える。
当人にとってはそれを生き延びる智恵だと思っているが、それは小賢しい、わざとらしい、心のこもっていないことなので実体がない。

相対差別の世界の住人だからアタマが固いしココロも固い。
右か左か、白か黒か、良いか悪いか、いつも二つに分断しないと気がすまない。
どちらかを選ばなければならないという強迫観念があるから、どちらにしようかなかめさまのゆうとおり…なすのへっぽこすっぽんぽん、で日が暮れる。
迷いに迷って、結局は死地に赴いてしまう。

【必死になって】リラックスしようとするような、悲しくも可笑しく哀れな人の姿。

結局無欲無心で恬淡として死生に執着しないのが理想の養生摂生である。
初めから生きようとしない者には死の入り込む余地がない。

いきとしいけるものがしあわせでありますように(祈)

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
出生入死。
生之徒十有三。死之徒十有三。
人之生。動之死地。亦十有三。
夫何故。以其生生之厚。
蓋聞善攝生者。陸行不遇*兕虎。
入軍不被甲兵。*兕無所投其角。
虎無所措其爪。兵無所容其刄。
夫何故。以其無死地。
-------------------------------------------------
生に出(い)でて死に入(い)る。
生の徒は十に三有り、死の徒も十に三有り。
人の生、動いて死地に之(ゆ)くもまた十に三有り。
それ何の故ぞ。
その生を生とすることの厚きを以(も)ってなり。
蓋(けだ)し聞く、善く生を摂する者は、陸行(りっこう)して兕虎(じこ)に遇わず、軍に入りて甲兵を被(こうむ)らずと。
兕(じ)もその角を投ずる所無く、虎もその爪を措(お)く所無く、兵もその刃を容(い)るる所無し。
それ何の故ぞ。
その死地(しち)無きを以ってなり。
-------------------------------------------------
世の中には長生きできる身を捨てて死地に飛びこむ者がいる。
もともと人間には、長生きできる連中が十人に三人はおり、
若死にする連中が十人に三人はおるが、
世に生きて殊さらに死地に向かう人間がまた十人に三人はいる。
そのわけはなぜかといえば、
彼らが余りにも強く生に執着するからだ。

こんな諺がある。
生を養うことの達人は、
陸地を旅行しても猛獣に出あわず、
戦場に臨んでも武具に身をよろわない。
犀もその角を突き立てるすきがなく、
虎もその爪を打ちかけるすきがなく、
武器もその刃を加えるすきがない、という諺が。
そのわけはなぜかといえば、
彼れ達人には死の危険が全くないからである。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第五十章貴生]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.