老子現代現場訳

【老子 第51章】道生之~玄妙な徳

更新日:

道これを生じ、徳これを蓄い、物これを形づくり、器これを成す。

万物を生ずる道、及びその万物を育成する徳の本質を明らかにし、なかんずく徳が、自己の力を恃まないところに幽玄なる有り難さのあることを述べたものである。
[諸橋轍次]

 

道(タオ)は万物を生み出す働きであり、この生み出された万物を動かす力を「徳(テー)」と呼ぼう。
道(タオ)が生んだものを徳が養う。
[加島祥造]

道(タオ)というのは、たとえていえば無償奉仕、無条件の愛、親の子に対する愛情に似ている。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
道生之。徳蓄之。物形之。勢成之。
是以萬物。莫不尊道而貴徳。
道之尊。徳之貴。夫莫之命。而常自然。
故道生之。徳蓄之。長之育之。
亭之毒之。養之覆之。
生而不有。爲而不恃。長而不宰。是謂玄徳。
-------------------------------------------------
道これを生じ、徳これを蓄(やしな)い、物これを形づくり、器これを成す。
ここを以(も)って万物、道を尊(たっと)びて徳を貴(たっと)ばざるはなし。
道の尊きと徳の貴きは、それこれを命ずるなくして常に自(おのずか)ら然(しか)り。
故に道これを生じ、徳これを蓄い、これを長じこれを育て、これを亭(かた)めこれを毒(あつく)し、これを養いこれを覆(おお)う。
生ずるも而(しか)も有せず、為して而も恃(たの)まず、長たるも而も宰(さい)せず。
これを玄徳(げんとく)と謂う。
-------------------------------------------------
道がそれを生みだし、
道の偉大な徳がそれを養い、
万象の形がそこにあらわれ、
形あるものの位置づけがそこにできあがる。
だから万物はみな道を尊び、その偉大な徳を貴ぶのだ。
道の尊さとその徳の貴さは、誰がそうさせるわけでもなく、いつもおのずからそうである。

だから、こんな言葉がある。
道がそれを生み出し、
道の偉大な徳がそれを養い、
それを大きくし、それをはぐくみ育て、
それを安定させ、それを充実させ、
それを養い、それを庇護してゆく。
生みいだしながら吾が所有(もの)とせず、
営みを行いながら誇ら顔をせず、
生長させながら支配づらをしない。
これを玄妙な徳というのだ、と。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第五十一章養徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.