老子現代現場訳

【老子 第52章】天下有始~母なる道(タオ)に還ろう

更新日:

母なる道(タオ)に還ろう

人間の心は道から出て来たものであるから、従って耳口目腹の欲望を杜絶し、心眼を開くことが、修養の極意であることを述べている。
[諸橋轍次]

道は万物の母である。この母の無為の教えに従って、五官の働きを止めて、外界からの無用な刺激を排除する。これが災難から逃れるみちである。
[木村英一]

限りない欲望を追い求め己れの欲望に振り廻される人生は疲れて果てた先の野垂れ死に。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
天下有始。以爲天下母。
既得其母。復知其子。
既知其子。復守其母。没身不殆。
塞其兌。閉其門。終身不勤。
開其兌。濟其事。終身不救。
見小曰明。守柔曰強。
用其光。復歸其明。無遺身殃。
是謂習常。
-------------------------------------------------
天下に始(はじめ)有り、以(も)って天下の母と為(な)すべし。
既にその母を得て、以ってその子を知る。
既にその子を知り、またその母を守らば、身を没(お)うるまで殆(あや)うからず。
その兌(あな)を塞(ふさ)ぎ、その門を閉ざせば、終身勤(つか)れず。
その兌を開き、その事を済(な)せば、終身救われず。
小を見るを明と曰(い)い、柔を守るを強と曰う。
その光を用いて、その明に復帰すれば、身の殃(わざわい)を遺(のこ)す無し。
これを常に襲(よ)ると謂(い)う。
-------------------------------------------------
この世界には始めがある。それを天下の母とよぼう。
その母を明らかにした上で、さらにその子のありようを知る。
子のありようを知った上で、さらにその母を見失わぬようにする。
かくして身を終わるまで安らかなのだ。

己れの欲望の穴をふさぎ、
己れの欲情の門を閉ざせば、
一生涯、疲れることがない。
己れの欲望の穴を開き、
欲望のいとなみを成しとげてゆけば、
一生涯、救われることがない。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第五十二章歸元]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.