老子現代現場訳

【老子 第54章】善建者不抜~安泰は道(タオ)の王道

更新日:

善く建てたるは抜けず、善く抱けるは脱せず

真の道は確固として長久である。この道を習得し実践すれば、一身から天下・国家にいたるまで安泰である。
[木村英一]

儒教の根本精神である『修己治人(しゅうこちじん)』(己を修め人を治む)
この『修己治人』を説明したのが『八条目』である。
→格物(かくぶつ)・致知(ちち)・誠意(せいい)・正心(せいしん)・修身(しゅうしん)・斉家(せいか)・治国(ちこく)・平天下(へいてんか)

修己:格物致知(学問)/誠意正心修身(徳行)
治人:斉家治国平天下(功業)

一つ一つの物事に通じるのが『格物』
教養がつくのが『致知』
よこしまな意欲をなくすのが『誠意』
心が正しくなるのが『正心』

物に格(いた)れば知が致り、意が誠になり、心が正しくなる。
そうすれば、身が修まり、家が斉い、国が治まり、天下が平らかになる。

このように、自分の修養が天下を治めることにつながるという、というステップバイステップの教え、君子の学である。
つまり、『君子への道』を述べたもの。
『百姓への道』それは『百姓のすゝめ』ではない。
※ひゃくせい=農民を含む一般大衆のこと。

一方老子のいう道(タオ)はひとつであり、君子であろうが百姓であろうが差別がない。

それぞれのカテゴリー、つまり、個人、家、ムラ、クニ、天下、においての道(タオ)の行われかたを観察することによって、それが安泰かどうかすぐに判断できるのだ。

そしてそのポイントは無為無心(虚心)ということに外ならない。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
善建者不抜。善抱者不脱。
子孫以祭祀不輟。
脩之於身。其徳乃眞。
脩之於家。其徳乃餘。
脩之於郷。其徳乃長。
脩之於邦。其徳乃豐。
脩之於天下。其徳乃普。
故以身觀身。以家觀家。
以國觀國。以天下觀天下。
吾何以知天下然哉。以此。
-------------------------------------------------
善く建てたるは抜けず、善く抱けるは脱せず。
子孫以(も)って祭祀して輟(や)まず。
これを身に修むれば、その徳は乃(すなわ)ち真なり。
これを家に修むれば、その徳は乃ち余りあり。
これを郷(きょう)に修むれば、その徳は乃ち長し。
これを邦(くに)に修むれば、その徳は乃ち豊(ゆた)かなり。
これを天下に修むれば、その徳は乃ち普(あまね)し。
故に身を以って身を観(み)、家を以って家を観、郷を以って郷を観、邦を以って邦を観、天下を以って天下を観る。
吾れ何を以って天下の然(しか)るを知るや。
これを以ってなり。

-------------------------------------------------
本当によく確立された道は、抜きとられることがない。
本当によく身につけられた道は、ぬけ落ちることがない。
子孫がそれによっていつまでも祖先を祭ってゆくことができる。
その道を我が身に修めれば、その徳はこの上なく純粋であり、
その道を我が家に修めれば、その徳は用いてなお余りあり、
その道を郷(むらざと)に修めれば、その徳は久しく、
その道を国に修めれば、その徳は豊かに、
その道を天下に修めれば、その徳は洽(あま)ねくゆきわたる。
だから、こんな言葉がある。
身を修める道で身の修まりぐあいを観、
家を斉(ととの)える道で家の斉いぐあいを観、
郷を修める道で郷の治まりぐあいを観、
国を治める道で国の治まりぐあいを観、
天下を治める道で天下の治まりぐあいを観る、と。
わたしにどうして天下のそうであること
――道によって治まりぐあいが明らかにされるということ――
が分かるかといえば、
道の広大無辺さによってそれが分かるのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第五十四章修觀]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.