老子現代現場訳

【老子 第56章】知者不言~分かる人にだけ分かる真の知者

更新日:

知る者は言わず、言う者は知らず

真の知者は言葉数が少ない。
尋ねられれば答えるが、知をひけらかして他人に押し付けるようなことはしない。
べらべらだらだらしゃべくる者は大概、知のない者と相場が決まっている。

和光同塵(わこうどうじん)。
ホメラレモセズクニモサレヌデクノボー。
憂き世を離れた聖人よりも現場の達人をめざそうよ。
山にお篭りするよりも飯場で飯炊きてんこ盛り。
乞食(こつじき)托鉢修行より泥とコンクリ塗れのドカタ道。
現場の泥とコンクリと憂き世の塵にまみれて静かに暮らす。

道(タオ)を体得している人は、自己コントロールができていて欲がなく無心であるがまま、己の才覚に自惚れることなく、その鋭鋒(えいほう)、舌鋒(ぜんっぽう)、感受性をあえてマイルドにして、物事は、ややこしく難しくせず、いたってシンプルにとらえ、たとい問題があったとしても、粋にスマートに処理をする。

玉座に臨席できる風格を持ちながらも、あえて高貴精妙な光をやわらげ、目立たぬようにし、世俗の価値観も否定せず受け容れる。
泥臭いことも厭わず、何事も嬉々としてこなし、しかもイイ仕事をする。

こういう『玄同の人』に対して、馴れ馴れしく親しくしようとしても適わず、疎遠にしようとしても妙に気になってそれが出来ない。

その人を利用しようとおいしいハナシを企てても適わず、妨害し損害を与えようとして足をひっぱろうとしても出来ない。

ヨイショと持ち上げ誉め殺し作戦を発動してもまったく動じず、舞い上がることもなくいつもと変らず飄々としているし、非難悪口陰口罵詈雑言中傷罵倒して貶めようとしても相手にもされない。

親疎・利害・貴賤をもってしてもその人の心を動かすことができないのである。
このように、『玄同の人』は他者からコントロールされることがない。
『玄同の人』を利用しようとしても利用できない。利用されようがない。

いかなるものにも動かされることのない立場を保っている人であるから、天下において最も貴い人となるのである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
知者不言。言者不知。
塞其兌。閉其門。挫其鋭。
解其紛。和其光。同其塵。
是謂玄同。
故不可得而親。不可得而疎。
不可得而利。不可得而害。
不可得而貴。不可得而賤。
故爲天下貴。
-------------------------------------------------
知る者は言わず、言う者は知らず。
その兌(あな)を塞(ふさ)ぎて、その門を閉し、その鋭(えい)を挫(くじ)いて、その紛(ふん)を解(と)き、その光を和(やわら)げて、その塵(ちり)に同(おな)じくす。
これを玄同(げんどう)と謂(い)う。
故に得て親しむべからず、得て疏(うと)んずべからず。
得て利すべからず、得て害すべからず。
得て貴(たっと)ぶべからず、得て賤(いや)しむべからず。
故に天下の貴きとなる。

-------------------------------------------------
本当に分かっている者は言あげせず、
言あげする者は本当に分かっていない。
おのれの欲望の穴をふさぎ、
その穴の入口を閉ざし、
おのれの気おいを挫き、
気おいの紛れを解きほぐし、
おのれの英知の光を和らげて、
光を塵(けが)すものに同和する。
これを道との玄妙な合一とよぶのだ。
だからこのような玄妙な合一者は、
彼と親しむこともできず、
彼を疎んずることもできず、
利益を与えることもできず、
危害を加えることもできず、
貴くすることもできず、
賤しくすることもできない。
だから世のなかで無上の価値をもつのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第五十六章玄徳]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.