老子現代現場訳

【老子 第59章】治人事天~嗇(ものおしみ)の徳

更新日:

人を治め天に事うるは、嗇に若くは莫し

嗇(ものおしみ)の徳。
政治のやり方と養生のし方とをあわせて説いたもので、その方法が精力を無駄遣いせぬ嗇の道に存することを述べている。
[諸橋轍次]

『精力善用・自他共栄』(せいりょくぜんよう・じたきょうえい)
柔(やわら)の二大原理にも通じる嗇(しょく)の道。
無駄な精力(エネルギー)は使わないのが長久の秘訣。
国家での最大の無駄遣い(浪費)は戦争である。

個人においては、過去の出来事にクヨクヨしたり未だ結果も出ていないのに心配(妄想)したりすることはエネルギーの無駄遣い。

無駄を省けば余分な労力を用いなくても事は成る。
ただし、ケチンボではない。これが徳の道である。

為政者が徳を積めば国家は安泰長久であり、経営などの実務レベルにおいても無駄を省き能率的な仕事環境を構築することができるのである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
治人事天。莫若嗇。
夫唯嗇。是謂早服。
早服。謂之重積徳。
重積徳則無不克。
無不克。則莫知其極。
莫知其極。可以有國。
有國之母。可以長久。
是謂深根固柢。長生久視之道。
-------------------------------------------------
人を治め天に事(つか)うるは、嗇(しょく)に若(し)くは莫(な)し。
それ唯(た)だ嗇、ここを以(も)って早く服す。
早く服するは、これを重ねて徳を積むと謂(い)う。
重ねて徳を積めば、則ち克(か)たざる無し。
克たざる無ければ、則ちその極(きょく)を知る莫し。
その極を知る莫ければ、以って国を有(たも)つべし。
国を有つの母は、以って長久なるべし。
これを根を深くし、柢(てい)を固くし、
長生久視(ちょうせいきゅうし)するの道と謂う。

-------------------------------------------------
民を治め天に事(つか)えるには、嗇――つつましやかであるということが老子 第一である。
ひたすらにつつましやかであること、これを早く道に従うというのだ。
早く道に従うのを重ねて徳を積むという。
重ねて徳を積めば、やりおおせないことがなく、
やりおおせないことがなければ、道と同じい無限のはたらきをもつ。
無限のはたらきをもてば、国を保つことができるのだ。
国を保つ母であるつつましさは、国を養って長久ならしめることができる。
これを深く固い根柢があって永遠に生きられる道というのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第五十九章守道]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.