老子現代現場訳

【老子 第62章】道者萬物之奥~偽善者もタオに繋がっている

更新日:

道なる者は万物の奥なり

道が天下の至宝であって、善人も不善人も、共にこの道を大切にすべきものなることを述べている。
[諸橋轍次]

いいことをすれば善人となるが、何もしなくても善人づらはできる。少なくとも不善人と呼ばれ後ろ指をさされることはない。

人を騙すのは詐欺師だが、自分のココロを偽る人は詐欺師とは呼ばれない。

偽善者のするように他人によく見せたいだけの慈善行為であっても助かる人がいるのならそれでいいじゃないか。

その人のコトバが多くの人を感動させ心の救いを感じているのなら、たといその人が詐欺師であってもいいじゃないか。

道(タオ)は、善人であろうが不善人であろうが見捨てない。
どんな人でも根源で道(タオ)につながっているからである。

道(タオ)はすべての萬物の奥にある主人公である。
すべてのものがいかされまもられゆるされている。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
道者。萬物之奥。善人之寶。不善人之所保。
美言可以市尊。美行可以加人。
人之不善。何棄之有。
故立天子。置三公。雖有拱壁以先駟馬。不如坐進此道。
古之所以貴此道者何。
不曰求以得。有罪以免耶。故爲天下貴。
-------------------------------------------------
道なる者は万物の奥なり。
善人の宝にして、不善人の保(やす)んずる所なり。
美言(びげん)は以(も)って尊(そん)を市(か)うべく、美行(びこう)は以って人に加うべし。
人の不善なるも、何の棄つることかこれ有らん。
故に天子を立て、三公(さんこう)を置くに、拱璧(こうへき)以って駟馬(しば)に先(さき)んずる有りと雖(いえ)ども、坐(ざ)して此(こ)の道を進むるに如(し)かず。
古えの此の道を貴(たっと)ぶ所以(ゆえん)の者は何ぞ。
求むれば以って得られ、罪あるも以って免(まぬが)ると曰(い)わずや。
故に天下の貴きものと為る。
-------------------------------------------------
道は万物の究極にあるもの、
善人の宝であるとともに、
不善人の宝でもある。
立派な言葉は、それによって高い地位が買え、
立派な行為は、それを他人に施与できるというが、
不善の人も道を根源とするのであるから、
どうして見棄てることがあろうか。
だから天子を立て三公を置き、統治の機構が整えられたときには、
大きな玉を先立てて四頭だての馬車を献上するものがいても、
いながらにしてこの道を献上することに及ばないのだ。
古人がこの道を価値ありとしたのはなぜか。
求められればこの道によって得られ、罪があってもこの道によって免れるといっているではないか。
だからこの世のなかで無上の価値をもつのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第六十二章爲道]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.