老子現代現場訳

【老子 第63章】爲無爲~傷だらけの人生から失敗のない人生へ

更新日:

無為を為し、無事を事とし、無味を味わう。

無為といっても、なあんにもしないでうすらばかのようにしているということではないんだ。
ことさらなことをしない、わざとらしいことをしない。

やることやったらそれでハイおしまい。やることなければ、やることがないやることがないとぶつぶついいながら歩き回らないでじっと静かにしてればいいじゃないか。

どんな些細なことでも大きなことでも、いつもとかわらず淡々と仕事をすすめてゆく。
人からみたら無意味なこと(利益にならないこと)でも心を込めてやる。いつもと変らず心を込めて小さな仕事をする。
大きな仕事を戴いたからといって阿ることもない。いつもと変らず心を込めて大きな仕事をする。
仕事をするのに意味などない。
仕事をやりたいからやる。ただそれだけのこと。

『セールスはモノを売るんじゃなくて自分を売るんだ』というけれど、自分を売ることなどしない。買いたいといっても自分は売らない。
それは自分が自分でなくなるから。

憂き世には無借金経営の人もあろう、借金まみれになる人もあろう、分不相応なカネをつかむ人もあろう。

借金があろうがなかろうが、カネがあろうがなかろうが、そんなことが問題ではない。

問題があるとすれば、やるべきことをやらないこと、やるべきときにやらないこと、やらなくていいことをやってしまう、ということなのだ。

余計なことをするな、余計なお世話だ、余計なお節介なのだ。

憂き世では、国家天下の一大事を解決し、企業においては経営難を克服した人を有能と評するようだが、ほんとうの有能さは、『事が起こるまえに解決』できる人のことをいう。

どんなに天下を揺るがす大事件でもきっかけは些細なことから始まっているのが常である。
大きな偉業を成し遂げた人でもはじめから大きなことをしたのではなく、小さなことからこつこつと積み上げてきたのである。

安請け合いの人は次第に信頼を失うように、冗談やバカッ話ならいざしらず、仕事においていつも軽々しく安易なやり方をしているといつしか難儀なことになるものだ。

どんな小さな仕事でも単調な仕事でも安易に考えずナメてかからない。
小さなことでも先延ばしせず、事がややこしくなるまえに次々と処理をしていく。ピンときたらゴー。思い立ったら即行動。サカイーヤスイーシゴトキッチリ。これがタオの人の在り方だ。

自然の流れに身を任せ、無理なことをしない。
無為の姿勢だからこそ問題も悩みも不安もないのである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
爲無爲。事無事。味無味。
大小多少。報怨以徳。
圖難於其易。爲大於其細。
天下難事。必作於易。天下大事。必作於細。
是以聖人。終不爲大。故能成其大。
夫輕諾必寡信。多易必多難。
是以聖人猶難之。故終無難矣。
-------------------------------------------------
無為を為(な)し、無事を事(こと)とし、無味(むみ)を味わう。
小を大とし少を多とし、怨みに報ゆるに徳を以(も)ってす。
難(かた)きをその易(やす)きに図(はか)り、大をその細(さい)に為す。
天下の難事(なんじ)は必ず易きより作(おこ)り、天下の大事は必ず細より作(おこ)る。
ここを以って聖人は終(つい)に大を為さず、故に能(よ)くその大を成す。
それ軽諾(けいだく)は必ず信寡(すくな)く、易きこと多ければ必ず難きこと多し。
ここを以って聖人すら猶(な)おこれを難しとす、故に終に難きこと無し。
-------------------------------------------------
無為をわがふるまいとし、
無事をわがいとなみとし、
無味をわがあじわいとする。
小には大を与え、少なきには多を返し、
怨みに報いるには徳をもってする。
困難な仕事は容易なうちに手をつけ、
大きな仕事は小さなうちに片づけてゆく。
世のなかの難事は、いつでも容易なところから生じ、
世のなかの大事は、いつでも些細なところから起こる。
だから無為の聖人は決して大事を為そうとはせず、
かくて大事を成しとげるのだ。
いったい安請け合いは、めったにあてにならず、
易しく考えすぎると、きっとひどい目にあう。
だから無為の聖人は、容易なことでも難しく取りくみ、
かくして少しも困難が起こらないのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第六十三章恩始]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.